仕事がきついと感じる原因と対処法

仕事

仕事がきついと感じるとき

Business 456757 640

「仕事がきつい……」と感じた経験がない人はいません。毎日感じている人も少なくないでしょう。具体的にはどのような状況下にあると、仕事がきついと感じるのでしょうか?

労働時間が長い・休みが少ない

労働時間が長かったり休みが少ないと肉体的にも精神的にも疲弊し、仕事がきついと感じるようになります。特に疲労が溜まるのはサービス残業です。仕事をしているのに残業代が出ないというのは、想像以上に精神的にきついのです。

もともと休日が少ないのに休日出勤をさせられる、休日出勤を断るためには正当な理由が必要といったケースも珍しくありません。中には、休日出勤を命じられていなくても、明らかに平日だけでは終わらない仕事量を割り振られているため、休日出勤をせざるをえないという人も。

休み時間がないというのは、肉体的にも精神的にもかなりきつい状況です。しっかりと休み、疲れを取らなければ仕事の効率や質が低下し、ますます仕事が終わらないという悪循環に陥ってしまいます。

責任が重い仕事を任されている

責任が重い仕事を任されるとプレッシャーを感じ、精神的にきついと感じます。たとえば、人の命を預かる医者や看護師などの医療従事者の仕事は責任が重く、きついと感じるでしょう。

会社でも規模が大きい仕事、社内外から注目されているプロジェクトなどを任されると、責任は重くなるために「仕事がきつい」と思ってしまいます。

責任が重い仕事を任される人は仕事ができたり、信頼されている証拠でもありますから、うまく切り替えて仕事に励みたいところですね。

ノルマに追われている

Computer 768696 640

営業職や販売職に就いている人の中には、「ノルマが辛くて仕事がきつい……」と感じる人も少なくありません。ノルマを達成できなければ「仕事ができないやつ」と思われているような気になり、最終的には退職してしまう人も。達成していたとしても、また次のノルマに追われるため、心が休まる暇はありません。

中には達成不可能なノルマを設定し、達成できなければ社員に自腹で買い取らせるといったブラック企業もあるようです。

夜勤は生活リズムが崩れるため疲れやすい

夜勤の仕事はきついとよく言われています。夜勤は働いて疲れるだけでなく、生活リズムが崩れるため余計に疲れます。夜勤後に帰宅しても、昼間は夜のようには眠れないため、疲れがなかなか取れないのです。

「きつい」と言われている仕事とは

Writing 1149962 960 720

仕事がきつい。楽な仕事に転職したい。このように考える人はたくさんいますが、転職先がまたきつい仕事だったら、転職した意味がありませんよね。転職したい職種の仕事内容は事前によく確認しておくべきです。

一般的には「きつい」と言われている仕事でも、自分には向いていた、まったく苦ではない、前職に比べたら楽というようなケースもあります。どのような仕事をきついと感じるかは人によっても異なるため、転職の際は自身の適性も考慮する必要があります。

きつい仕事①:飲食店の正社員

まず、一般的に「きつい」と言われているのは、飲食店の正社員です。長時間労働にも関わらず給料は低いため、精神的にも肉体的にも辛い仕事と言えます。アルバイトが正社員を打診されても、「飲食店の正社員にはなりたくない」という理由で断るというケースは珍しくありません。

飲食店の店長になると、上司からの評価を気にするだけでなく、バイトやパートのことも気にしなければなりません。仕事と人間関係に疲れて、急に仕事に来なくなる正社員もいるそうです。

きつい仕事②:介護士

介護士の待遇の悪さは、頻繁にメディアに取り上げられていますよね。今後ますます需要が増える仕事にも関わらず、現時点ですでに人手は足りていません。

重労働にも関わらず給料はかなり低いため、介護士になっても長く続かないのです。介護する相手から暴力を振るわれることも珍しくなく、限界を感じて退職する人はたくさんいます。

ただし、職場によっては比較的待遇が良く、介護士の仕事にやりがいを感じて長く続ける人も少なくありません。資格職でどこでも働けるというのも、介護士の利点でしょう。

きつい仕事③:プログラマー

Keyboard 690066 640

特にきついのは、下請けのプログラマーと言われています。職場環境や労働環境は悪く、納期にも追われるため、肉体的にも精神的にもきつい仕事です。長時間勤務したり、休日返上で働いたとしても給料が低いため、中には急に出勤しなくなるプログラマーもいるようです。

きつい仕事④:営業

ノルマに追われたり、社内外の人間関係に悩まされる人が多くいるのが営業です。営業が向いている人は結果を出してどんどん出世していきますが、そうでない人にはかなりきつい仕事です。

労働環境や待遇、給料は職場によって大きく差があり、営業の仕事をきついと感じるかどうかは会社次第とも言えます。

きつい仕事⑤:看護師

長時間労働や夜勤もあり、加えて責任も重い仕事であるため、離職する人が少なくありません。女性が多い仕事ですから職場は必然的に女性ばかりになり、人間関係を苦に退職する人も。他の仕事と比べると給料は良いと言えますが、きつい仕事には変わりありません。

夜勤もある大きな病院から、個人経営のクリニックに転職する人も多いようです。

仕事がきついことが及ぼす悪影響とは

Cell phone 801946 960 720

仕事がきついと、肉体的にも精神的にも疲労が溜まります。疲労が溜まると、どのようなことになるでしょうか?

ストレスが過剰に溜まり病気の原因になる

疲労が溜まっている状態が続くと、ストレスが過剰に溜まります。過剰なストレスは仕事の効率を下げるだけでなく、うつ病などの精神的な病気や頭痛、気管支ぜんそく、心筋梗塞、胃潰瘍、過敏性腸症候群、糖尿病、アトピー性皮膚炎、円形脱毛症、メニエールなどを引き起こす原因となります。ストレスは身体にも多大な悪影響を及ぼすのです。

過労死の危険が高まる

疲労やストレスが過剰に溜まった場合、過労死する危険が高まります。過労死のラインは残業時間が80時間から100時間とされていますが、このラインに達していなくても過労で倒れる人はたくさんいます。80時間以上残業している人は要注意です。

過労死の前兆としては、以下のようなものが見られます。

■疲労感

■胸の痛み

■手足のしびれ

■頭痛、めまい

■視力の低下

■よく眠れない

■怒りやすくなった

■食欲が過度に低下、増加した

■視線が定まらない

仕事がきついときの対処法

最後に、仕事がきついときの対処法を紹介します。仕事がきついなら、限界に達して倒れる前に退職すべきです。しかし、全員がそうだというわけではありませんよね。対処法を実践すれば、前ほどきついとは感じないでしょう。まずはきついと感じた時の対処法を試してみてください。

対処法①:休憩する

忙しいからと休憩を取らずに仕事をし続けると、パフォーマンスが低下し、疲労が溜まります。ちょっと休憩するだけでもかなり変わるので、忙しくても必ず休憩を取ってください。

自分なりのリラックス方法を見つけておくといいでしょう。たとえば、暖かい飲み物を飲む、チョコレートなどの甘い物を食べる、軽いストレッチをするなどです。

対処法②:目的を常に把握する

仕事がきついと感じるときは、仕事を終わらせることが頭がいっぱいになり、そもそもの目的を忘れがちです。目的のわからない行動にはやりがいを感じず、ただ疲れだけが溜まります。

自分はその仕事を通じて何を達成したいのか、どのような結果を残したいのかを思い出しましょう。あるいは、常に目に付く場所に目標を書いて貼っておくのもおすすめです。

処法③:やらなくいいことを考える

Woman 690036 960 720

やらなくてもいい仕事までやっていませんか?仕事がきついと感じるときは、「もう仕事なんてやりたくない」と思ってしまいますよね。

仕事がきついと感じたら、やらなくてもいい仕事はないかを考えましょう。一つ仕事が減っただけでも、負担はかなり軽減されます。本当に今やる必要がある仕事を判断してこなすことで、仕事の効率向上にもつながります。

対処法④:限界であると相談する

「仕事がきつい」と誰かに相談していますか?仕事がきついと感じている人の中には、周囲に相談せず、一人で多くの仕事を抱え込んでいるケースがよく見られます。過労で倒れる前に、「自分はもう限界だ」と周囲の人に相談してみましょう。

職場の先輩や上司に相談したら、仕事が減るかもしれませんよ。自分の現状を知ってもらうことも必要なのです。

対処法⑤:転職する

本当に仕事がきつくて嫌になってしまったら、思い切って転職しましょう。きついとしか感じない仕事を続けても、得られるものはありません。うつ病になったり倒れてからでは遅いのです。

転職サイトを利用し、自分の力だけで転職を進めていくのもいいですが、おすすめしたいのは転職エージェントの利用です。転職エージェントは希望の条件に合う企業を探してくれるだけでなく、面接の手はずを整えてくれたり、スケジュール管理までしてくれるため、仕事で忙しい人に最適です。

仕事がきついと感じたら無理をせず休息を取る!限界なら転職も視野に入れよう

仕事がきついと感じたら、まずは無理をせずに休息を取ってください。疲労やストレスが過剰に溜まると、病気や過労死を引き起こします。病気になったり過労で倒れてしまったら、完治するまでに時間もかかってしまいます。

そうなる前に対処し、限界なら転職も視野に入れましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日転職