仕事が見つからないのはなぜ?焦らないための対処法4つ

対処法

仕事が見つからないのはなぜ?

Business 456757 640

仕事が見つからない!と悩んでいる人はたくさんいますよね。転職市場が活発で、中途採用のハードルも下がっている今、なぜ仕事が見つからないのでしょうか?仕事が見つからない理由を考えました。

職種を絞りすぎている

仕事が見つからない理由としてよく挙げられるのが、職種を絞りすぎているという理由です。やりたい仕事に就くために転職活動を頑張るのは、とても良いことです。しかし、仕事が見つからなくて切羽詰まっている状況になっても、職種を絞って転職活動を続けるのは止めた方がいいでしょう。ますます仕事が見つからず、自分の首を絞めるだけです。

もう少し職種の幅を広げて探すと、仕事が見つかる可能性が高くなります。やりたい仕事の他にも、自分に適性がありそうな仕事や、やりたい仕事に近い職をいくつかピックアップしてみましょう。

長いブランクがあるから

職務経歴に長いブランクがある場合、次の仕事がなかなか見つからない、というケースはよくあります。数か月程度のブランクであれば、「求職活動中でまだ仕事が見つかっていない」で通せば問題ありません。ですが、ブランクが年単位になると採用側の不安材料となるため、仕事が見つかりにくくなります。

ブランクがある=不採用決定、ではありません。長いブランク期間をどう説明し、採用する側を納得させられるかがポイントです。

なぜ長いブランクがあるのか、何をして過ごしていたのか、仕事に活かせるスキルを身につけたのかなど、具体的に答えられるように対策をしましょう。

仕事が見つからない!焦りを解消する方法

Portrait 1324072 960 720

仕事が見つからない状況が続くと、焦りから自分自身を追いつめるようになります。その結果、自信がなくなり、ますます仕事が決まらないという悪循環に陥るパターンはよくあります。

焦らず、前向きに仕事探しをすべきですが、仕事が見つからない焦りを解消する方法はあるのでしょうか?

アルバイトをして収入を確保する

仕事が見つからずに焦る理由としては、収入源を確保できないという理由が挙げられます。収入源がないまま長期間生活していると非常に不安になりますし、精神的にも追い詰められます。

転職活動で思うような手ごたえを得られていないと感じたら、アルバイトをして収入を確保しましょう。収入源があれば金銭的な不安からは解放されます。これを機に、一度働いてみたかったお店でアルバイトをするのもいいですね。

ただし、転職活動や就職活動に支障が出ない程度にしておきましょう。単発のアルバイトもおすすめです。ブランク期間について聞かれたときも、回答に困らなくなります。

探すのを止めない

Business 819287 640

仕事探しに行き詰まったからと探すのを止めた場合、焦る気持ちはますます強くなってしまいます。そのため、焦りを解消するためにも、とにかく仕事探しは続けましょう。仕事が見つからなくても、「自分はやるべきことはやっている」という意識を持てるので、自分を必要以上に追い詰めずに済みます。

希望の仕事に関するスキルを磨く

焦り解消だけでなく、前向きな気持ちを維持するためにも、職探しの合間を利用して希望の仕事に関するスキルを磨きましょう。

希望する仕事に関するスキルを磨いたり必要な知識を勉強しておくと、企業に熱意や意欲を効果的にアピールできます。スキルを磨くことで自信も身につくので、積極的に行動しましょう。

仕事が見つからないときの対処法

Gf01a201502071400

仕事が見つからないときの対処法について説明します。仕事が見つからないときは、まず仕事を探す方法を変えてみるといいでしょう。一つの方法に固執するのはおすすめできません。

複数の転職サイトに登録する

仕事が見つからない人の中でも割と多いのが、一つの転職サイトにしか登録していないパターン。その転職サイトで仕事が見つかれば問題はありませんが、見つからないのであれば、他の転職サイトにも登録してみましょう。

登録する転職サイトを増やせば、当然手に入る求人情報の数が増えるので、仕事が見つかる可能性が高くなります。

転職エージェントを利用する

複数の転職サイトに登録はしているけれど、転職エージェントは利用していない人も多いですね。エージェントとのやり取りが億劫、方向性が合わなかったら面倒など、転職エージェントを利用しない理由は人それぞれですが、仕事が見つからないならプロを頼りましょう。

転職エージェントは、企業を紹介してくれるだけでなく、選考対策や面接指導、面接の日程調整など、徹底的にサポートしてくれます。

派遣会社に登録する

Keyboard 690066 640

仕事が見つからないなら、派遣会社に登録して働くのもおすすめです。派遣会社に登録し、自分の希望を伝えておくだけで、希望に合う派遣先を紹介してくれます。派遣会社には「正社員希望」と必ず伝えておきましょう。そうすれば、正社員登用ありの派遣先を紹介してくれるはずです。

知人に紹介してもらう

仕事が見つからないときは、知人に頼んで仕事を紹介してもらうという手段もあります。なんとなく気まずい、辞めにくくなるという面もありますが、紹介してもらえると採用される確率が格段に上がります。

求人は出していないけど人手が欲しいという会社もあるので、正直に知人に「仕事を探している」と相談してみるといいでしょう。

やりたい仕事が見つからないときは

やりたい仕事が見つからず、仕事探しも思う通りにいかないときもあります。仕事が見つからないからと焦り、とりあえず内定をもらった会社に入社しても、上手くいかない可能性の方が高いでしょう。

やりたい仕事が見つからないとき、どうすべきでしょうか?

趣味を仕事にする

思い切って趣味を仕事にするのもありです。パンが好きだからパン屋に就職した、花に思い入れがあったので花屋に転職した、インテリアが好きだからインテリアコーディネーターに転職したなど、趣味や好きなものを仕事にしている人はたくさんいます。好きなことでお金が稼げるため、他の仕事よりもやりがいを感じられるでしょう。

長所を活かせる仕事を探す

長所を活かせる仕事に就くのもおすすめです。長所を的確に把握する必要があるため、隙がないレベルの自己分析が必須ですが、適性のある仕事に就くとストレスが溜まりにくくなり、長く続けられます。人と接するのが得意だから接客業に就く、数字に強いから経理の仕事に就くなど、自己分析をして長所を活かせる仕事を探してみましょう。

資格を活かせる仕事をする

Writing 1149962 960 720

資格があれば就職、転職は有利になります。やりたい仕事が見つからなければ、所有する資格を活かせる仕事に就いてはいかがでしょうか。資格があれば即戦力として活躍できますし、収入も安定します。資格を活かして働きながら、やりたい仕事を探してみるのもいいでしょう。

親兄弟と同じ仕事に就く

やりたい仕事がなければ、親兄弟と同じ仕事に就くのはどうでしょうか。家族や親戚と同じ仕事に就いている人は少なくありません。実際に働いている人の本音や実情を知ることができるので、想像と現実のギャップに困ることもないでしょう。情報や悩みを共有できるのも心強いですね。

仕事が見つからないのは職種を絞っているから!焦らずに職探しを続けよう

仕事が見つからない人の場合、仕事の探し方が良くないというパターンが目立ちます。探し方を少し変えるだけで、仕事が見つかる可能性がぐっと上がります。

職種は極端に絞らない、そして見つからなくても焦らずに仕事探しを続けることがもっとも大切です。さまざまな探し方を試してみましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日転職