就業規則と服務規程の違いと重要性

就業規則, 服務規定

就業規則は「会社のルール」

Conference 857926 640

労働者にとって就業規則とは、「企業で働くために欠かせない重要な決まり」という位置づけになります。その為就業規則は、労働基準法を基準にしたその企業で働くための基本的なルールが記載されたものとなり、労働条件に関する事柄がそのほとんどを占める重要なものになります。主な内容としては給与や賞与に関する決め事や残業など労働時間に関する事項、休日や有給など休日に関する事項、退職時の退職金や怪我などで休業する場合に関する決め事などが記載されます。

就業規則違反は労働基準法違反と同じ

就業規則は企業で働く上での条件などを決めた重要な規則となりますので、雇用主側はこの就業規則を守りながら労働者を雇用する義務が生じます。その為就業規則を無視した労働を科したり、残業に対する割増賃金を支払わなかったりという行為は重大な就業規則違反となり、これは労働基準法違反と言い換えられます。そのため雇用主にとっては就業規則を必ず守り正しい雇用をすることが重要なのです。

服務規程とは「労働者が守るべき決まり」

服務規程とは、「就労者が労働を行う上で守らなければならない最低限の決まりごと」です。服務規定には会社で働くうえで、会社の秩序を乱すことなく働くための重要な決まりごとが記載されています。労働者は服務規程を必ず守り労働することが重要な義務となります。内容としては施設の私用占拠の禁止や、決められた労働時間を守る、会社の不利益となる行動は慎むといった労働するにあたり当たり前ともいえる守るべき重要事項が記載されています。

服務規程を違反すると罰則を受ける可能性がある

企業側は、服務規程というものは就労者が業務規則に従う義務を決めた重要な決まりです。企業側は、「仕事をサボる」「遅刻や無断欠勤が繰り返す」などの会社にとって不利益となる行動をとると言った行為がある場合には、服務規程違反で罰則を科すことが可能になります。もちろんこれに関しても就業規則や服務規程で定められていますので、規則を破り罰則を科せられた場合はそれを甘んじて受け入れる必要があります。

就業規則と服務規程は切り離せない関係

就労者にとって重要な位置づけとなる就業規則と服務規程ですが、これらの関係性はどのようなものなのでしょうか。基本的に就業規則はその会社のルールを記したものですので、服務規程に関しても就業規則の一部として扱われる場合が多いと言えます。企業によっては就業規則の中に服務規程を入れ込んでいる場合もありますので、就業規則と服務規程は切っても切り離せない関係にあると言えるでしょう。

就業規則と服務規程を守ることが会社の円滑な運営につながる

就業規則と服務規程を守る意義と言うものは何かというと、就業規則に関しては労働者にも雇用主にも重要な決まりと言え、安心して働いたり、を安全に雇用したりするために大変重要な決まりとなります。労働者と雇用主がお互いに就業規則を守ることで初めて企業というものが成立するといえます。服務規程はその会社を正しく運営していく上で労働者が守るべき規程ですし、雇用主側も規程違反がある場合には厳しい罰則も必要となります。これらより、就業規則と服務規程両方を守ることは、会社の円滑な運営をするのに大変重要だと言えます。

就業規則と服務規程は理解し守らなくては会社が成り立たない重要なもの

何事にもルールは必要ですし、それは仕事を行う上でも同じだと言えます。トラブル無く働くためにまた問題とならない雇用を進めるために、就業規則や服務規程を守ることは、大変重要です。就業規則と服務規程を労働者・雇用主双方が正しく理解し順守して、運用することが、円滑な会社運営につながっていくのです。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日転職