【要確認】インフルエンザで仕事を休んだとき、診断書は必要?

インフルエンザ, 欠勤

そもそもインフルエンザになったらなぜ休む?

Shutterstock 167147642

そもそもインフルエンザになると、どうして仕事に行けないのでしょうか。本人がきついというのももちろんありますが、インフルエンザの場合には、自分が症状がなくなったとしても、まだ出社できないと言われることがあります。

それは、インフルエンザが、非常に感染力の強い病気であるためです。なので、インフルエンザにかかったら周りの人にうつさないために会社を休むように、と言われているのです。

インフルエンザになったらどれくらい休む?

インフルエンザになって、たとえ症状がなくなったとしても、自分で治ったと判断して、仕事に行っていいというわけではないのです。基本的には、インフルエンザになったら最低5日は休むべきと言われています。それは、ウイルスが排出されるまで5日間かかると言われているからです。

そのため、熱が2日で下がることを想定して、解熱後2日は安静にするようにと言われるのです。

インフルエンザの診断書を必要とする理由

インフルエンザになった場合には、診断書を頼めば出してもらうことができます。こういったものを提出することで、会社側はインフルエンザであると確認できるわけです。ただ、インフルエンザで休むために、どうして診断書がいるのでしょうか?

有給扱いとするための確認

会社によっては、インフルエンザで休むとなった場合、場合に診断書が必要な職場もあります。それは、有給消化を認めるにあたって、必要だったりする場合があるからです。

また、会社によっては、インフルエンザを社員が発症した際の規定などを定めているところもあったりします。そういったところでは、規定に診断書の提出を義務付けていたりもするからです。

規定にはなくても診断書が必要とされる場合もある

Medical 563427 1280

規定にはなくても、インフルエンザを会社に広めないために、診断書を確認したいという会社もあるでしょう。これは、特に大きな会社や、営業先が多いところだと、しっかりとした対応といえるものです。

診断書で治った目安を確認

インフルエンザが治ったかどうかを確認するために、診断書が欲しいという場合もあります。というのは、先程述べたように、インフルエンザになったら最低5日は休むべきと言われているからです。そのため、何時発症したか、というのが、大事になってきます。ウイルスが排出されるまで5日間かかると言われているため、診断書によって、いつから数え始めて、いつになったら安心して出社できるか、確認できるともいえます。

こういった理由で、診断書を求めるところもあるといってよいでしょう。

インフルエンザ後に仕事復帰に診断書がいるかどうかは、会社に確認しよう

いかがでしたでしょうか。仕事を休みたくない場合でも、インフルエンザにかかると数日間仕事を休まなければなりません。その際こういった診断書の提出の必要性は会社によりけりなので、自ら確認することが大切です。

インフルエンザと連絡すれば自動的に有給休暇の扱いにしてくれるところもありますが、もしインフルエンザになったと診断されたら、次に病院に行くときまでに会社に聞いておくと安心でしょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2019年8月7日転職