インフルエンザに感染した際の保険適用について

2017年1月16日インフルエンザ

インフルエンザの診断にはいくつかの費用がかかる

Purse 758770 640

インフルエンザに感染してしまった場合、必ずそれがインフルエンザであるかどうかの確認と、インフルエンザであった場合にはそれに対する薬の処方が行なわれることになります。通常医療機関では診察と検査、その検査の結果による抗インフルエンザ薬であるタミフルなどの処方が行なわれることになり、それに対する費用の支払いが必要となります。

医療機関でインフルエンザと診断された場合は保険適用となる

医療機関でインフルエンザと診断されてそれに対して医療行為が行なわれた場合には、それは保険適用の対象となるため加入している保険の自己負担割合での支払いで済むことになります。仮にインフルエンザと診断が出ない場合でも、病気で医療機関を利用していることには変わりがありませんから、その場合も保険の適用対象となるといえます。

就活や仕事に影響を与えない為にもインフルエンザの予防接種は重要

インフルエンザといえば毎年の予防接種が効果的だといえ、特に就活生の場合はインフルエンザにかかってしまうと確実に就活に影響が出てしまいますので必ず行なっておくべきものだと言えます。会社員の場合も予防接種を行なうことで社内での感染予防にもなりますので、仕事に支障をきたすことを限りなく抑えることにつながると言えます。

インフルエンザの予防接種は保険適用外

ではインフルエンザの予防接種を行なった場合、それは保険適用で自己負担割合での支払いになるのかというと、予防接種の場合、保険が適用される病気が怪我に対する医療行為ではなく、あくまでも予防のための行為と認識されるため、保険の適用ではなく全て全額自己負担での支払いとなります。そのため予防接種も保険適用内とだと勘違いしていると、思っていた以上に費用がかかったということもおきますので注意が必要です。

抗インフルエンザ薬は保険適用になる

インフルエンザに効果があるといわれる抗インフルエンザ薬のタミフルやリレンザですが、この使用に関しては保険適用内、適用外どちらなのでしょうか。これは抗インフルエンザ薬を使用する状況で異なるといえ、すでにインフルエンザの症状が出ており、検査でインフルエンザだと判明してその後使用した場合は、医療行為として認められるため保険適用の対象となります。

インフルエンザにかかる前に購入した場合は全額自己負担となる

しかしタミフルなどは予防薬として接種することでインフルエンザの感染を抑えることが出来る効果が認められており、インフルエンザにかかる前に予防薬として購入した場合は予防接種と同じく医療行為としては認められないため、全額自己負担での購入となります。要するに保険が適用されるのは病気が発症した後の医療行為のみに適用されますので、その点をしっかりと理解しておくことが重要となります。

インフルエンザの予防に対する費用は保険適用外となるので注意しよう

インフルエンザの治療や予防に関する保険の適用は、それが治療であれば保険適用、予防であれば保険適用外となります。そのため保険を利用したいのであれば病気が発症した後でなければダメだということをしっかり理解しておくことが、保険利用でトラブルにならないために必要な知識だと言えます。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. DYM就職:第二新卒・既卒・フリーター・ニートの就職に強い

    サービス満足度90%!優良取扱企業2500社、エージェントが就職できるまで二人三脚!今からでも正社員としての就活が間に合います。

  3. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

2017年1月16日ビジネス

Posted by BiZPARK