「ニーズに応える」の意味と相手に対してやるべきこと

ニーズ

「ニーズに応える」とは相手の要望にこたえること

Flower 1275641 960 720

「ニーズに応える」とは、相手が求める要望・欲求に応える・叶えるための努力をするなどといった意味合いがあります。相手(お客様)が意識的に求めているものだけでなく、無意識に欲しているものも含めているもののことを「ニーズ」と呼び、その求められたニーズに対応することこそが、「ニーズに応える」という意味です。

「ニーズに応える」が正しい日本語

日本語の中には、わかりにくいものや同じような言葉が数多くあります。これも同様で、同じ「こたえる」でも「応える」もあれば「答える」もあります。どちらも同じような意味を持つように思えますが、「ニーズ」という言葉に合わせるのであれば「応える」が正解です。「答える」は質問に回答するという意味があるのに対し、「応える」は要望に応じるという意味があります。

ニーズに応えるには相手が何を求めているかを考えるのが必須

企業に属しており、相手が「お客様」という立場だと、「ニーズに応える」=「相手が必要とするものを提供する」という意味になります。それが商品か、サービスかは業種によっても異なりますが、どんな場合も「相手が何を求めているか」を考えることが必須となります。そのため、単にニーズに応えるという言葉を使ったとしても対象となるものは違ってきます。

ニーズの5種類の意味

ニーズとは大きく分けて5つに分類されると言われています。「明言されたニーズ」・「真のニーズ」・「喜びのニーズ」・「隠れたニーズ」・「明言されないニーズ」です。ニーズがどの意味・形態か、またどうすればこれらのニーズに応えられるのかを考えることから、ニーズに応えるというものは始まっていると言えます。

相手のニーズに応えるにはまず言葉に耳を傾ける

「ニーズに応える」という言葉を日常的に使用していても、本当に相手のニーズを理解したことにはなりません。相手の言葉に耳を傾ける、これはニーズを知るための第一歩です。同じ相手だったとしても時と場合によって「ニーズ」のもつ意味は異なります。ニーズの意味を取り違えてしまうと、せっかくの発想や努力もムダになってしまう可能性もあります。

「ニーズに応える」の同義語がある

日本語の中には「ニーズに応える」と似たような意味を持つ言葉があります。「需要に応える」・「欲求に沿う」・「求めに従う」などといった言葉です。どの言葉も「相手が求めるもの」「相手が必要とするもの」ありきの言葉です。また、この言い回しは海外でも良く使われ、「To meet one’s needs」 や「To answer the needs someone」などといった方法で使います。

「ニーズに応える」の意味は相手の言葉に耳を傾けて何が必要かを考え叶える努力をすること

世の中にはさまざまな「ニーズ」であふれており、日常的に「ニーズに応える」というフレーズを耳にし、使います。実際に使う際には、日本語の意味や正しい使い方を知っておくと、より相手の求めるものに応じられるのではないでしょうか。全ての言葉には意味があります。意味を知るのは決してムダではなくどこかの場面で役に立つかもしれません。

こちらもあわせて読みたい!

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2018年1月23日転職