ニーズという言葉の意味と覚えておきたい正しい使い方

2017年12月26日ニーズ

ニーズという言葉は人や集団が持つ欠乏感のことを指す使い方をする

Business 437020 640

ニーズという言葉は、人や集団が持つ欠乏感を指す使い方をよくします。つまり、ニーズを求めているのは「何かが足りない」言葉の使い方になります。個人の場合、ニーズには「生理的」「社会的」「個人的」などがあります。社会において相手のニーズを解消するためには、その言葉が指す欲望・要望を読み取るのが必要です。

ニーズを使った言葉は人や場合によって意味が異なる

「ニーズ」という言葉として思い浮かぶのは「ニーズに応える」や「ニーズに沿う」などといった使い方ではないでしょうか。これらは相手が求めるニーズが何かを理解した上で、相手の要求・欲求に対応するなどといった意味があります。人や場合によって「ニーズ」は異なり、常に同じではありません。何を求めているか?を正しく理解しない限り、相手が本当に求めるものを提供するのはできないのです。

相手が求めるニーズを理解するためにはリサーチが重要

相手が求めているニーズはなにかを理解するためには、まず「相手を知る」「相手の話を聞く」のが重要となります。相手を何もしらない限り、本当に求めているものを提供するなど不可能です。単に何かを渡す・提供するだけならば誰にでもできますが、社会で生きていくためにはそれだけでは足りず、ニーズを提供したことにはなりません。ニーズは何かを理解し、正しい使い方をする必要があります。

現代では「良い物は何か」の基準がなくなっている

一昔前の物が足りない時代には、相手の求めるニーズは何かが簡単に分かったと言われていますが、物に溢れた現代において、個人・企業共にニーズを理解することは困難です。そこには、「良い物は何か?」の確固たる基準がなくなっていることが理由の一つにあります。そのため、ニーズは何かを決めつけていると、相手と提供する側に大きな差がうまれてしまいます。ニーズを知る手段やニーズという言葉の使い方でさえ考えなければなりません。

そのニーズが滞在的なのか顕在的なのかを考える

ニーズという言葉は、商品(サービス)に対して相手(消費者)が求めている必要性のことをさし、これは「顕在的ニーズ」としての使い方をします。それに対し、同様の意味合いをもつ「ウォンツ」という言葉は「滞在的ニーズ」に分類されます。ウォンツという言葉の使い方は、ニーズよりもさらに詳しい商品(サービス)に対する欲求のことを指します。ニーズなのか、ウォンツかの判断も使い方では重要となります。

ニーズ・ウォンツという言葉の使い方

例えば、「お腹が空いた」などのニーズがあるとします。これは顕在的ニーズの使い方であり、「食べたい」欲求をさします。これに対して「ラーメンが食べたい」や「甘いものが食べたい」などといったような具体的欲求の使い方をウォンツといいます。非常に曖昧ですが、人は知らず知らずのうちにニーズとウォンツという言葉の使い方を分けています。

ニーズという言葉は人が持つ欠乏感の意味で「ニーズに応える」などの使い方をする

普段何気なく口にしている「ニーズ」という言葉ですが、それが何かを判断することは非常に難しく、思い違いをしてしまうと全てがムダになってしまいます。相手が今求めているニーズとは何かを理解し、正しい使い方をする必要があります。相手が何を求めているかを知ることは決して簡単ではありません。しかし、それを理解することができれば、どの分野であってもプロフェッショナルと呼ばれる存在となるのではないでしょうか。

こちらもあわせて読みたい!

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. DYM就職:第二新卒・既卒・フリーター・ニートの就職に強い

    サービス満足度90%!優良取扱企業2500社、エージェントが就職できるまで二人三脚!今からでも正社員としての就活が間に合います。

  3. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

2017年12月26日転職

Posted by BiZPARK