昇格試験で行われる筆記試験を突破する3つの対策

昇格, 筆記試験

昇進試験での筆記試験対策① 『問題を予想しよう』

Lgf01a201405111200

昇格試験時の筆記試験に合格するには、試験勉強をする必要があります。しかし、どんな問題が出るのかわからなければ、勉強のしようがありませんね。

昇格試験で問われる知識などは企業によって違いますが、問題の傾向を予想することは可能です。

時事問題と会社運営に関する知識を備えよう

昇格試験では、社会人として備えておくべき常識や知識にくわえ、会社の運営に関する知識や企画力が問われることがほとんどです。このことから、筆記試験でも時事問題や会社の運営に関わる問題が出ると考えて間違いないでしょう。

時事問題については新聞や本を読むことで予習することができます。一方、会社の運営に関わる情報は社内でしかわかりません。この点は、普段から自分の所属部署以外にも興味を持って情報収集しておくと良いでしょう。

昇進試験での筆記試験対策② 『問題がどこで作成されるのかを把握』

筆記試験の問題は会社が外注する場合もあれば、社内で作成する場合もあります。どちらの方法で作成されているかがわかれば、よりポイントを絞った試験対策を講じることが可能となります。

外注と社内作成で筆記試験の対策は違う

勤め先の上司や先輩に筆記試験の問題の作成先を聞くと、意外にも簡単に教えてくれる場合があります。

特に、主管部署に精通している社員なら試験情報に詳しい可能性があるので、聞いてみる価値はあるでしょう。 結果的に試験問題を外注していることがわかったら、市販の参考書が試験対策に役立ちます。一方、社内で問題が作られている場合は、問題作成を依頼されている部署の業務内容を探ることが肝要です。

筆記試験の問題を作成する部署は、自分の部署に関わる内容を問題に取り入れる傾向があるので、その部署の業務内容に精通することが、有効な試験対策となるでしょう。

昇進試験での筆記試験対策③ 『全てを網羅しようとせず、的を絞ろう』

試験問題の大まかな傾向がわかったとしても、筆記試験で出題される問題そのものが、わかるわけではありません。また、時事問題ひとつとっても、政治や事件、国際情勢など出題に使われるであろう範囲は膨大です。

そんな膨大な範囲をもつ試験に対して100%網羅することは不可能でしょう。

Gf01a201502261100

ヤマを張ることも重要

出題範囲が広いからといっても、やみくもに頭に知識を詰め込むのには限界があります。

覚えきれない知識を詰め込むよりも、ある程度ヤマをかけて勉強したほうが確実に点を取れる場合もあることを覚えておきましょう。 試験対策として新聞を読むなら、全体よりも一面記事だけをしっかり記憶するといった感じで、ポイントを絞ることで、一つの時事問題に強くなれます。

社内の情報に関しても、わかる範囲でポイントを絞って学習すると良いでしょう。

昇格の筆記試験の対策には社会人としての志しが何より重要

昇格試験で行われる筆記試験の対策をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

昇格試験は社員としての実力を問われる大事な試験であり、付け焼き刃ではどうにもならない部分もあります。 この点を踏まえると、普段の社会人としての志しを高く持つことが究極の試験対策といえるでしょう。いつでも昇格試験に挑めるような志を持つことこそ、真の昇格試験対策なのです。

こちらもあわせて読みたい!

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日転職