昇格・昇進のお礼を上司や同僚へ上手く伝える方法

2016年11月29日昇格

昇格・昇進のお礼を伝える一番良い方法は直接伝えること!!

Rose 691996 640

上司や同僚への昇格・昇進のお礼や感謝の気持ちはメールや手紙ではなく、直接伝えることで最大限に想いを伝えられます。少なくとも直属の上司は同じオフィスで仕事をしているので、上司が長期の出張などが無い限りは異動までに伝えられます。内示を受けた後に辞令が下されますが、辞令を下された後にも上司へお礼を伝えましょう。上司へひとこと声を掛けるだけの方法でも良いですし、食事に誘うなどの方法でも良いですね。

異動を伴うなら食事に誘う方法を選ぶと良い

昇進・昇格をする場合、これからは今まで一緒に仕事をしてきた上司や同僚と、違うオフィスで働く可能性が考えられます。一言のお礼の言葉だけでは全てを伝えられない場合は、上司や同僚を食事に誘ってゆっくりと語らう方法を取るのいいでしょう。昇進や昇格後の仕事について、様々なアドバイスをしてもらえる場合もあるので、自分の今後にも影響を及ぼします。

昇進・昇格のお礼は手紙・メールでもOK

上司や同僚などお礼の気持ちを伝える相手によって、文章と伝え方を変えることが大切です。一番良い方法は上司や同僚へ直接伝える方法ですが、それが叶わない場合は、上司や同僚へ昇格や昇進のお礼はメールか手紙で伝えましょう。

自社の社長にお礼の気持ちを伝える場合は、メールではカジュアル過ぎるので必ず手紙を送りましょう。立場によってメールなどのお礼の方法を使い分けるべきです。

昇進・昇格のお礼は堅い文章とカジュアルな文章を使い分けよう

昇格や昇進のお礼をメールで伝える方法としては、社長の場合は堅い文章で書いて、直属の上司の場合はメールで気持ちが伝わるような文章を書くことが大切です。メールや手紙であっても、昇進や昇格したときのマナーとして、昇格・昇進のお礼の気持ちは伝えることは最低限必要です。

昇格・昇進のお礼で伝えるべきもっとも重要なことは?

上司へ昇格や昇進のお礼の内容は、「ありがとうございます」「○○さんのおかげで昇進・昇格できました」この2つの言葉が基本です。上司は部下の為に、昇進・昇格出来るように物事を進めてくれているので、上司がいなければ自分の昇進・昇格はあり得なかった可能性もあります。昇進・昇格したということは、上司に恵まれているという証拠なので、しっかりと昇格・昇進のお礼や感謝の気持ちを、上司に伝えましょう。

Office 620817 640

お礼を伝える方法は気持ちを込めること

上司や同僚への昇格・昇進のお礼だけに限らず、お礼の基本となる挨拶だけでは、しっかりと相手へ想いが伝わらない場合があります。実際に今までお世話になったきた場面を思い返して、思い出話を交えながら気持ちを伝えることが大切です。

うわべだけの挨拶になってしまうと、上司や同僚としても寂しい気持ちになってしまいます。上司や同僚は、自分が本当にお世話になった人ですから、心を込めて上司や同僚にお礼の気持ちが伝わる方法を考えましょう。

昇進・昇格のお礼を伝えるときにもっとも重要なことは気持ちを込めること

昇格や昇進のお礼を、上司や同僚へ伝える方法を紹介してきましたがいかがでしたか?昇進・昇格のお礼を伝える際には、一度落ち着いて昇進・昇格出来た理由を考えましょう。自分の実力は必須ですが、それに上司や先輩社員が後押しをかけてくれたからこそ昇進・昇格ができています。

昇進・昇格には上司と先輩社員の協力が必要不可欠です。昇進・昇格に大きく関わっているので、マナーを守って正しいお礼をしましょう。特に新入社員からお世話になっている場合は、今後共末永く助けてもらう場面も多いので、今後も考えたお礼の方法を取りたいものですね。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. DYM就職:第二新卒・既卒・フリーター・ニートの就職に強い

    サービス満足度90%!優良取扱企業2500社、エージェントが就職できるまで二人三脚!今からでも正社員としての就活が間に合います。

  3. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

2016年11月29日ビジネス

Posted by BiZPARK