接客業でお客さんのストーカー行為に困った際の対応方法

ストーカー, 接客業

接客業とストーカーの関係は切ることができない

Abstract 1239389 640

接客業の仕事は、お客さんに店舗で飲食物の販売を行います。そして、笑顔でおもてなしの心をもって対応をします。その笑顔の仕事の陰でストーカーに狙われ、悩んでいる人がいます。接客業と切ることができないストーカーの関係、対策について探ります。

店員の接客を自分への好意だと勘違いするお客さんがいる

笑顔が素敵で親切で、自分の話をよく聞いてくれる店員さんには、好意的を誰でも持ちます。その感情を良い接客をしてくれる人だと感じられれば良いのですが、自分に対して好意を持っているから、良い接客をしてくれると勘違いをしてしまうお客さんがいます。その勘違いから、ストーカーが始まります。接客業でお客さんを惹きつけるのは良いことですが、ストーカーも惹きつけるきっかけになることを覚えておきましょう。

感情の勘違いでストーカーに変化するお客さんが出てくる

接客業は仕事の性質上、感情の勘違いが起こる場合がありストーカーに変化するお客さんが出てきます。無知なまま接客業を行うのは、大変怖いです。ストーカーになり得る雰囲気を持った人や、馴れ馴れしい人、独特なオーラを持ったお客さんには注意をして接客を行いましょう。

お客さんに危機感を感じた時は気質を見極めてドライな対応を心掛ける

接客業の仕事をしていると、お客さんの気持ちを害する接客はしてはいけないと思いがちです。確かにその通りですが、ストーカーになりそうな妙に馴れ馴れしいお客さんや、じっと見つめられるなど執拗に視線を感じるお客さんに変わらず好意的な態度をとっていると、ストーカーの心は勘違いから揺らぎないものに変わってしまいます。きちんとした対応はしますが、お客さんの気質を見極め、無駄に愛想を振りまかず、ドライな対応を心掛けます。

ストーカー客を職場全体でマークすることが大切

ストーカーだなと感じる存在のお客さんがいたら、上司や同僚にその存在を明かしましょう。ストーカーはされる側に非はありません。接客業をする以上、本人の自覚もそうですが、会社としてストーカーに対して屈しない対策と職場の協力が大切です。1人でストーカー客をマークするのではなく、職場全体でマークすることにより危険回避に役立ちます。

職場全体でストーカー客を避けるために早い段階で対策をする

ストーカー客が来店した時だけ表の作業からバックヤード作業に変えてもらったり、レジ作業をしていればストーカー客が来たときだけ他の人と交代をするなど、職場全体でも対策が必要です。接客業だから接客していたいと思う人もいるかもしれませんが、これらは身を守るために大切な行動です。早い段階で避けられているとストーカーが気が付くと、ストーカー行為を辞めます。依存度が高くなれば高くなるほど、しつこさが増します。

無駄な接触を避けストーカー客へ自分の情報が漏れないようにする

ストーカー客が来店をしたら必要以上の会話をしない、ドライな対応をする、そして毅然とした態度を取りながら無駄に接触はしないようにします。しかし、相手の感情を逆なでするような強い態度は、ストーカー客の気分を激高させる恐れもあるので注意します。また、職場の同僚には、自分のシフトなどストーカー客に情報提供しないようにしてもらいます。職場の同僚からの情報漏えいがないようにするのは、接客業の基本です。

ストーカー行為が続く場合は探偵事務所や警察に相談することが大切

ストーカー客にやんわり対応をしていたところで解決できれば良いですが、ストーカー行為が続く場合もあります。ストーカー行為をされると気持ちが悪いですし、接客業の仕事にも身が入りません。また、自分の身に危険が迫る場合も考えられ気が気ではありません。相手を訴えられるだけの証拠集めのために探偵事務所に依頼をしたり、警察に相談するなど多方面へのアクションでストーカー撃退を行いましょう。

接客業の人がストーカー対策をするにはお客さんの気質を見極めて無駄に接触しないことと職場全体の協力が重要

いかがでしたか。接客業の人が、ストーカーを対策するためのポイントをみてきました。素敵な接客をしてくれる店員の人から好意を持たれていると勘違いしてしまう人も、お客さんの中にはいます。視線を感じたり、違和感を感じたときは、お客さんの気質を見極めて無駄に接触しないことを心掛けましょう。また、職場全体の対策で、ストーカー行為を辞める場合もあります。1人で悩まず上司や同僚に相談しましょう。

こちらもあわせて読みたい!

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2018年1月17日転職