接客業に必要な気遣いや心配りを身につける方法

2016年11月29日接客, 気遣い

接客における気遣いとは何か

A0001 014957

では、気遣いとはどういうことでしょうか。接客をするとなると、積極的にお客様に話しかけたり、用件を伺ったり、お手伝いすることをイメージしがちですが、それだけではありません。お客様の中には、店員にあまり話しかけられたくない方もいらっしゃいます。自分でじっくり見て回りたいお客様に対して積極的に話しかけに行くのはあまりいいことではありません。

気遣いとはお客様のニーズに応えること

真の気遣いとは、お客様の状況を的確に判断してそのお客様のニーズに応える事を指します。お客様が必要な時に必要な分だけ対応をする事が求められるのです。気遣いとは、相手の事を思いやり、心地よい状況を作ろうとする心があればできます。難しく考える事はありません。普段の生活でも、例えば友達といる時でも人は自然と気遣いをしています。それは相手を大切に思えばこそ、自然と相手のことを見ているからです。だからこそ、どうすれば相手が心地よくなるかがわかり、それを実行できるのです。お客様に接するときも一人一人のお客様のことをきちんと見て接客してみましょう。そうすることでどういう対応をするべきなのか自然とわかってきます。

接客における心配りの秘訣も気遣いと同じ

心配りと気遣いは、ほぼ同じような意味を持つ言葉です。接客においては特に大切にされる事でもあり、これができているお店はお客さんにも愛されるお店になります。では、どうすれば必要な心配りをする事ができるのでしょうか。気遣いは、相手の事を考えてニーズに応える事です。心配りも同じように相手に心地よい時間を過ごしてもらえるようにする事ですが、あまりにも相手の事を考えすぎるとかえって硬くなってしまいます。

心配りは気遣いよりもリラックスして考えてみよう

心配りは、気遣いよりも少しリラックスして考えてみるといいです。例えば、接客中に、もし自分だったらどうされたら嬉しいだろうか、そんな風に考えてみると自然と心配りできるようになります。ほんのちょっとしたさりげない事でも、相手には必ず伝わります。たとえ伝わらなかったとしても、また余計な事であったとしても、それが経験になります。今度は違う形で試してみればいいのです。

気遣いや心配りは人と接することで身につく

気遣いや心配りは、誰しも初めからできていたわけではありません。子どもの頃から友達や家族と接する中で身につけていくものです。それは大人になっても変わりません。接客業でも、初めから完璧に気遣い、心配りができている人などいません。誰もが、試行錯誤しながら身につけていくのです。

相手を観察して要望に応える経験を積む

大切な事は、相手の事をしっかりと観察して必要な事を察する力を持つことです。初めのうちは失敗してもいいのです。そのような経験を積んでいくことで自然な気遣い、心配りができるようになっていきます。また、あまり硬くなりすぎずに少しリラックスしておくことも大切です。接客中の緊張感はお客様にも伝わりますし、それではお客様も落ち着くことができません。自然体でのさりげない心配りがお客様を安心させることができるのです。

接客業で大事な気遣いや心配りは人と接する中で身につく

気遣いとは相手のことをきちんと見て、お客様のニーズに応えていくことです。一方、心配りは気遣いと同じような意味ではありますが、より自然体でさりげないものを指します。どちらも経験を積むうちにできるようになるものですので、まずは接客する中で、自分がお客様のことを見て、必要だと思うことを観察します。そして、自分だったらどうされたか嬉しいかを考えて実行してみましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日ビジネス

Posted by BiZPARK