転職活動をしよう!総務・人事になるためのポイント

2017年7月10日人事, 総務

人事・総務の業務内容を抑えよう

Man 748733 640

人事や総務という職種は、非常に汎用性の高い職業であるといえます。というのも、基本的にどの営利企業でも必ず該当する部署や役職が設置されているだけでなく、非営利団体でもそれに近しい機能を持ったセクションがあります。要するに、人事や総務といった職種で携わる業務は、営利企業であろうと非営利団体であろうと、それなりに共通した部分が多いということでもあるのです。それでは具体的な業務内容には一体どんなものがあるのでしょうか。

人事・総務の業務は採用活動・人事考課やマイナンバーの管理など

人事と聞いてまず想像するのは、採用活動や人事考課などでしょう。もちろんそれらに関係する書類の作成や整理、福利厚生の手配もありますし、給与や社会保険等の管理も業務範囲です。さいきんではマイナンバーの管理も人事の管轄です。人事畑に長くいる人は、こうした業務の経験を活かして社会保険労務士の資格を取得することもあります。また総務では、備品の発注や管理、LANやPCなどの社内ファシリティの整備、社内行事の企画・運営、助成金の申請などもあります。いずれも業務内容はかなり幅広いだけでなく、個人情報や機密情報を扱うためモラルが求められる職種でもあります。

人事や総務でのキャリアアップのポイントとは

1100ecfdaa18dba4

「どうせいまの仕事を辞めて転職するなら、一緒にキャリアアップも狙おう」という方もいらっしゃるでしょう。それと同時に、人事や総務という職種からどのようにキャリアアップすれば良いのか、具体的なイメージが描けず不安に思う方もいらっしゃるかもしれません。しかしそのポイントは非常にシンプルです。内容を大きく2つに分けて説明します。

ポイントはスキルの高度化とITリテラシー

もしあなたに人事や総務の経験があるなら、手っ取り早いのは「スキルの高度化」です。転職サイトで求人情報を探すと、日系の大手企業や外資系企業の求人では、応募要項に「人事労務系の経験年数5年以上」や「要人事制度の企画・構築経験」などと書いてあり、年収600万円以上からというケースもあります。スキルを高度化させれば、そういったハイクラス求人に応募も可能になります。また、これまで経験がなくても問題ありません。常に人手を必要としているスタートアップでは、「ITリテラシーがあれば未経験でも可」という企業も少なくありません。そこで実践を積み会社が大きくなれば、必然的にキャリアアップされていくことになります。

転職後に気をつけたいポイント

3c63269c2e898565

とはいえ、もちろんただ人事や総務の仕事を日々こなしているだけではキャリアアップはのぞめません。経験者が社内にいるのであれば、積極的に知識を盗みましょう。またスタートアップに転職して社内に経験者がいないのであれば、書籍や勉強会を通して新たな知識を勉強したり、気軽に相談できるネットワークを作るのも有効です。

転職後はその後に「活きる」業務の進め方をしよう

転職してすぐは、次の転職のことまで考えていないかもしれません。けれどもしまた次の機会に恵まれたら、これまでの経験はぜひ活かしたいところです。とくに人事や総務という職種柄、日々の業務の進め方のなかで気をつけておきたいのは「汎用性」です。職種柄、人事にしろ総務にしろ業務内容が幅広くなるのは致し方ないことです。しかし「ゼネラリスト」として仕事をしていると、専門性が磨かれず、次の転職でアピールポイントを作りにくくなる可能性があります。在職中に自分が専門性を深められる領域を見つけたら、ぜひ勉強を進めたり経験値を増やしておくと良いでしょう。

人事・総務に転職するなら業務内容を抑えてスキルの高度化とITリテラシーを重視する

転職活動をする際の総務・人事になるためのポイントを紹介しました。これまで見てきたとおり、人事や総務では幅広い業務の知識が求められます。その一方で、スタートアップなどの「総力戦」を求める企業では、未経験でも人事・総務として働くことが可能なこともわかりました。これまで人事や総務、またはどちらの経験も積んできた人は、専門性を磨いてさらなるキャリアアップを、またこれから知識を身につけようという方はスタートアップで実践形式でキャリアアップをはかってみてはいかがでしょうか。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2017年7月10日転職

Posted by BiZPARK