祝電・昇進祝いへの感謝が伝わるお礼状の書き方と例文

祝電

祝電や昇進祝いをしてもらったらお礼をするのが原則

E3110b3e472669b5

今回紹介するのは、昇進祝いや就任祝いの祝電のお礼状のマナーと例文についてです。働いていますと色々とあると思いますが、特に悩むところは挨拶やスピーチ、お礼のマナーについてでしょう。もし昇進祝い・就任祝いをいただいた際は、ビジネスマナーに則ったお礼状を速やかに送ります。ここでは昇進祝いに対するお礼状を送る際のマナーと例文を紹介していきます。昇進祝いや就任祝いの祝電のお礼状のマナーには、どんなものがあるのでしょうか。

祝電とはお祝い電報のこと

最も一般的な祝電・お祝い電報は、結婚を祝うものですが、その他にも祝電が使われるシーンは沢山あります。ビジネスの場では開店・開業・創立や、昇進祝いや就任祝いでも使われるのです。昇進祝いの祝電をいただいた際には、お礼をするのが一般的なマナーと言えるでしょう。

昇進祝いの祝電のルールを把握しておく

昇進祝いなどの祝電と共にお祝いの品物などを頂いた場合は、それに応じた文面でお礼を出します。結婚での祝電と同じように、感謝の気持ちを丁寧に伝える事が大前提です。祝電のお礼には一般的な定型文などもありますので、その場面に相応しい言い方・表現を随時考えましょう。

祝電に対してお礼状を送るタイミング

例えば、役員就任後にお礼状を送っても、何かと忙しいものです。昇進祝いや就任祝いの祝電を貰ったなら、早めに返事を出せるよう、お礼状の準備しておきましょう。正式に昇進・就任が決定した後、速やかに送るべきなのです。

祝電のお礼状は正式決定後に出すことが多い

昇進祝いや就任祝いに対するお礼状は、正式決定後に出す事が多いです。祝電を送る場面は多くありますが、そのお礼状は、殆どが正式決定後に届くようです。昇進祝いの祝電に対するお礼は、正式後まで待ちましょう。

昇進祝いの祝電のお礼状は遅くても一週間以内に出す

昇進祝いや就任祝いに対するお礼状で一番大切なのは、なるべく早く出すことです。昇進祝いや就任祝いに対するお礼状は、遅くても一週間以内に出さなければ意味が半減してしまいますので、気をつけましょう。昇進祝いしてもらう人は忙しい場合が多いですが、良い再スタートを切るためにも祝電へのお礼の期限は厳守したいものです。

祝電のお礼状を書く際のマナー

役員就任祝いに対するお礼状には、さまざまなビジネスマナーが存在します。どのようなものがあるのか見てみましょう。

祝電のお礼状は手書きにするのが常識

近年はパソコンで作って印刷したものを出すことが多いのですが、祝電に対するお礼状は手書きにするのが常識となっています。印刷したものを使用する場合にも、お礼の気持ちをしっかり伝えるために、手書きの一筆を添えるように配慮しましょう。祝電は、昇進祝いも就任祝いも手書きでお礼を書いてください。

役員就任祝いを頂いたら必ずお礼をするのはマナー

昇進祝いを頂いたら必ずお礼をするのはマナーです。返礼として品物を贈る必要はありません。祝賀会を催すと、それが祝電に対する返礼になるという慣習もあります。お祝いと祝賀会に足を運んでくださったお礼状として送付するのです。かなりの数になりますので、業者に依頼するとか印刷したものを使用して構わないでしょう。ハガキでお礼状を出す方は少ないので、封書の形にしましょう。

祝電へのお礼は通常のビジネス文書なので基本は手渡し

お祝いの文面であっても、祝電の内容・お礼の内容は通常のビジネス文書と同じです。本来であれば、お礼の際に手渡し出来ると良いのですが、それ以外の場合には送付することになります。

相手にとって読みやすく工夫するのもマナー

Thank you 515514 640

ぎっしり書き連ねた文書は、読む側の読む意欲をそぎ読みにくいです。書く際には、適当な余白を文章中に適度に入れるようにしましょう。読みやすさも正確さ、内容の濃さと共にビジネス文章には重要です。

役員就任のお祝い・祝電に対するお礼状の例文

例文

謹啓

初夏の候、貴社におかれましては益々のご繁栄のこととお慶び申し上げます。

さて、この度私こと弊社取締役就任に際しまして、早々にご丁重なるご祝詞を賜り、更には過分なご厚志まで賜りまして誠にありがたく、厚くお礼申し上げます。

かかるうえは、微力ではありますが一層精励し、社業発展に注力いたす覚悟でございます。何とぞ、今後とも倍旧のご指導、ご鞭撻を賜りますようお願いいたします。

本来であればお伺いしたうえ、お礼を申し上げるべきところ、略儀ではございますが、書中をもちましてお礼申し上げます。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2017年7月10日ビジネス