公務員の面接で「御社」にあたる敬称の正しい使い方

2017年10月17日公務員, 敬語

公務員の面接で「御社」を使うのはマナー違反

就職活動で相手先と会話をする時は「御社」と呼ぶのがマナー。でも、公務員の場合、就職先は企業ではありません。「御社」だと、なんだか違和感ありますよね。では、どのような敬称を使うのが正しいのでしょうか。いざ面接となったときに敬称が分からずあわてないように、今のうちに覚えておきましょう。

公務員に対しても敬称の基本は「御」

公務員試験の場合、相手が市役所であれば「御所」「御市役所」というのが本来の正しい言い方になります。また、都道府県庁であれば、東京都庁は「御庁」ですが、ほかは「御道」「御府」「御県」で、国の省庁の場合は「御省」「御庁」です。でも、行政機関はすべて一括して、「御庁」を使っても構いません。

貴社・弊社も市役所の場合でみると「貴所」「弊所」となる

「御社」と「貴社」の違いですが、これは「御社」が会話の中で使う言葉遣いであるのに対し、「貴社」は書面の際の敬称です。また、「御社」と「弊社」の使い分けは、「御社」が入社前までの呼び方に対し、「弊社」は入社してから使う言葉です。

公務員の場合も、頭に「御」「貴」「弊」のいずれかをつけて、各官公庁、自治体の語尾の言葉をつけます。例えば、市役所の場合「御所」「貴所」「弊所」となります。

公務員試験の面接で正しい敬称は実際には使われない

企業の場合は面接では「御社」を使うのがマナーですが、公務員の面接の場合は、本来は「御~」とつけるところ、実際は使われないことも多々あるようです。例えば、相手先が各省庁である場合、「御省」というよりも、「○○省」とそのまま言う方が違和感ないようです。また、都道府県や、各市町村の場合も、「○○県」や「○○区」などのように、その自治体の名称で呼んでも失礼にはあたりません。市役所の場合、自治体の名称以外に「御自治体」という呼び方も出来ます。

まとめ

公務員の面接の際、各官公庁や自治体の事は、実際はそれぞれの名称で呼んで問題ありません。ただ「御庁」など「御」をつけて呼ぶことはあっても、「御社」だけは問題があるので、絶対に使わないようにしましょう。また、敬称だけにとらわれず、全体の言葉遣いも自然に正しい敬語や丁寧な言葉遣いが出来るよう、普段からの訓練をすることも大切です。

合わせて読みたい!

公務員は安定した職業?知っておきたい現場の悩み
公務員の初任給と手取りの一例【大卒・高卒別】

人気の転職サイト特集

  1. DYM就職:第二新卒・既卒・フリーター・ニートの就職に強い

    エージェントが就職できるまで二人三脚!今からでも正社員としての就活が間に合います。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

2017年10月17日ビジネスマナー, 転職

Posted by BiZPARK