「参加する」の正しい敬語と使い方は?【尊敬語・謙譲語・丁寧語】

2016年12月7日敬語

間違った敬語を使わないように注意しよう

Akusyusuru

敬語を使うときには、必ず正しい使い方を選択しなければ、相手に対して大変失礼な表現の方法になります。最近では敬語の使い方でも間違った認識のある敬語があるので、必ず確認をすることも必要です。正しいと思い込んでいて間違ったまま使うのは大変失礼なことになります。敬語は注意して利用しなければ、担当者だけでなく担当を決めた企業についても評価が下がることになります。

参加をお願いするときは「ご臨席賜りたく」という敬語表現

ビジネスでは、取引先に参加してもらうイベントや接待があります。特に接待では相手の機嫌を損ねないように注意する必要があり、敬語をしっかり使わなければなりません。間違った敬語を使うのは相手に対して失礼になるので、注意して利用する必要があります。

参加をお願いするための敬語では、「ご臨席賜りたく」と使うことが良い敬語の使い方になります。

上司に飲み会に誘われたら「御伴させていただく」という敬語表現

上司によっては飲み会を行い、親睦を深めたいと考える人がいます。この時に飲み会の参加について返事をする必要がありますが、上司からのお誘いになるので、参加という言葉を使わずに、御供させていただくと言う敬語を使うことで立場を区別することができます。参加する敬語については相手により異なる使い方をすることがあります。

尊敬語・謙譲語・丁寧語という3つの敬語を使い分けよう

ビジネスで敬語を利用するときには、謙譲語と尊敬語、そして表現を丁寧にする丁寧語を使い分ける必要があります。そのため謙譲語や尊敬語そして丁寧語の使い方をよく理解しておくことが必要です。尊敬語を使うべき相手に謙譲語を使ってしまったりしないよう注意しましょう。

誰が「参加」するのかに注意して表現の使い分けを

敬語を使うときには謙譲語と尊敬語の区別をしっかりしておくことが必要です。謙譲語は、自分がへりくだって使う敬語になります。尊敬語は相手を尊敬するために使う敬語になるので、対象となる人により使い分けることになります。参加できるかを相手に尋ねる場合には、相手が参加することになるので謙譲語ではなく尊敬語または丁寧語を利用するのが正しい使い方になります。

状況に応じて柔軟に敬語表現を使えるようになろう

ビジネスでは敬語については、取引先だけに利用するものではありません。会社の先輩や上司特に役職が上の上司に対しては、敬語を普段から使う必要があります。先輩との仲の良さについても考慮する必要があるでしょう。仲の良い先輩に対して、丁寧すぎる敬語は、逆に不適切な表現と受け取られるかもしれません。

参加をお願いするときは「ご臨席賜りたく」という敬語表現を使おう

参加にまつわる敬語表現についてご紹介しました。参加をお願いするときは「ご臨席賜りたく」という表現を、自分が上司との飲み会に参加するときは「御供させていただく」といった表現を使いましょう。敬語には尊敬語や謙譲語があり、参加するのが、自分なのか相手なのかの注意は欠かしてはなりません。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. DYM就職:第二新卒・既卒・フリーター・ニートの就職に強い

    サービス満足度90%!優良取扱企業2500社、エージェントが就職できるまで二人三脚!今からでも正社員としての就活が間に合います。

  3. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

2016年12月7日ビジネス

Posted by BiZPARK