「可能でしょうか」はOK?敬語の適切な使い分け方

敬語

敬語は話す相手によって使い分ける事が大切

Books 690219 1280

一人の従業員として打ち合わせや会議、プレゼン、挨拶まわりなどで正しい敬語を使う事が求められる機会が多くあります。しかし、間違った敬語を使う事は失礼にあたるとともに自分自身が恥をかいてしまう結果にも成りかねません。相手に対して「~は可能でしょうか」と質問される事も多々ありますがこれは正しい敬語の使い方なのかについて考えてみましょう。

「可能でしょうか」は文法的に使用可能

まず「可能でしょうか」は文法的には何の問題もなく普通に使用してもよい敬語となります。ただし可能でしょうかには話す相手に応じてレベルの違いがあり、敬語の中では低いランクに値します。さらに深く敬語として使用するのならば「~していただきたいと考えておりますが、いかがでしょうか」となり、さらに深い敬語ですと「~していただきたく存じますが、いかがでございましょうか」となります。

大事な意思確認のための「可能でしょうか」

敬語として可能でしょうかを使用する場面を想像してみますと打ち合わせや重要な会議、大きなプロジェクトなどの企画段階でよく使用され可能でしょうかの返答の違いによって大きな影響が生まれてきます。不を付ければ不可能になりますのでYES、NOと同じくらい重要な意思決定を確認するための質問となります。

使い方を誤ると取り返しのつかない場合も

可能でしょうかという敬語の質問に対しての回答を一歩聞き間違えたり空返事だけの意思決定と確認されますと取り返しのつかないような事態にまで発展しかねませんので、経営にまで大きな影響が出てくる質問となります。可能でしょうかを使用するときは話す相手と違いによって使い分ける事と質問した事に対しての相手からの回答もしっかりと確認する事が求められます。可能と不可能は正反対の意味になりますので注意する事が大事です。

敬語を使用する際の注意点

敬語として可能でしょうかを使用する時には同じ意味として使用できる文法が幾つかあり軽、中、重とレベル分けすることで正しい敬語としてどれも使用する事ができます。敬語として可能でしょうかと使用する事は正しいですが、最も重い可能でしょうかの敬語としては、「~していただけましたらたいへん幸甚に存じますがいかがでしょうか」となり普段余り耳にしない文法でもありますので咄嗟に口にできるほど容易な事ではありません。

「可能でしょうか」という敬語は相手に応じて使い分けよう

打ち合わせや会議などで多々使用される可能でしょうかという敬語ですが、話す相手の違いによってレベル分けされており、軽、中、重と幾つもの文法があります。相手によって使い分けましょう。また可能でしょうかという敬語には相手に対しての意思決定を確認する重要な質問となり、返って来た返答が大きな影響力を持ちますので相手からの返答に対しても十分聞き間違えないようにする事が大事です。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日ビジネス