「可能であれば」の注意すべき敬語での使い方と丁寧な表現

敬語

「可能であれば」は相手に譲歩しながら、要望を伝えるときに使う

Business 762538 1280

ビジネスでは、互いに取り決めた計画に従って行動します。一旦取り決めたことは誠実に守るのが、礼儀であり、順調な取引を行う上で不可欠の条件です。

しかし、打ち合わせの段階では、互いに要望を出し合います。互いの出した条件をすり合わせ、妥協点を見出していきます。互いに納得できる妥協点を見出す過程が、打ち合わせです。打ち合わせの段階では、時には相手に譲歩を要求することもあるでしょう。

「可能であれば~をして欲しい」と要望すると◎

どうしても譲れない線を守るために、自分の方が出した条件を呑むように迫ることも少なくないでしょう。しかし、一方的に自分の方の言い分だけを主張したのでは、長く続く関係を築くことは難しいと言えます。時には譲歩して、相手の都合を尊重することも必要になります。

ただし、譲歩しながらも、「可能であれば、こういうことをして欲しい」という要望を出しましょう。譲歩したことで、相手も可能であればその条件を満たした行動をとろうという気持ちになることでしょう。譲歩しながらの要求には、どのような敬語表現を使うと良いでしょうか?難しい駆け引きの場面だけに敬語を上手に使いたいものです。

「可能であれば」を使用するときは、相手との距離感に注意

敬語と言うと、尊敬語、謙譲語、丁寧語という印象があるでしょう。相手の行動に使う尊敬語、自分の行動に使う謙譲語、それ以外の丁寧語という分類が一般的です。確かに、尊敬語、謙譲語、丁寧語は敬語です。

しかし、尊敬語、謙譲語、丁寧語だけが敬語表現ではありません。そこが敬語の難しいところです。単語を覚えただけでは十分とは言えないのが、敬語の難しいところです。敬語表現とは、自分と相手との心理的な距離の取り方を表現するものです。

「~していただけますか?」にすると丁寧

日本語だけではありません。英語のように敬語が無いと思われている言語でも、実は敬語表現はあります。婉曲に表現した方が、相手に対して気を使った物言いになります。気を使った物言いが一種の敬語表現になります。日本語でも、同じ発想になります。直接的でない物言いが、相手との間に距離を置くものとして、敬語表現になります。

可能であればして欲しいことを伝えるという状況は、高度な敬語表現が使われる場面です。要望を伝えるところは、「~していただけますか?」「~していただけるとありがたいのですが」などと言うのが、一般的です。「可能であれば」というところの表現に工夫の余地があります。

「可能であれば」の表現は、不快感を与えてしまいかねない

「可能であれば」というところは、細やかな配慮が必要です。「~することが可能か?」ということを表現する段階で、相手の能力を低く見ているというニュアンスが言外に滲んでしまっては、元も子もありません。最初に出した条件をのめないということを伝える段階で、相手はナーバスになっていることが少なくありません。ナーバスになっている相手には、単純な確認も、時には嫌味に聞こえてしまいます。

口調が強かったり、ドライすぎていたりすると、「こんなこともできないとは!」とバカにした感じを受け取ってしまうこともあり得ます。譲歩するのは、今後の取引を円滑に進めるためです。譲歩した上で、可能であればして欲しいことを伝えるのは、今回の取引をより良い形で進めるためです。そうしたことを念頭に置いて、相手との関係を良好に保つように敬語表現を選ぶことが必要です。

「可能であれば」+「ご検討いただけますか」で丁寧な敬語になる

Cc library010009868

問題になっていることが何かということをしっかり把握しましょう。時間的な問題なら、「お時間が許すようなら」と言いましょう。

経済的な問題、人員の問題といった、相手方の能力に直結する類の点に問題がある場合は、一切そのことには触れず、「~ということについて、ご検討いただけますか?」といった形で、要望を提示するのが、無難な表現と言えます。この場合、「ご検討くださいますか?」ではなく、「ご検討いただけますか?」が正しい敬語表現です。

「可能であれば」という敬語表現は、相手を不快にさせないよう注意して使う

自分が提示した条件を相手がすんなりのめないこともあります。そうした場合は、無理強いせずに譲歩しながら、可能であればして欲しいという形で要望を伝えるようにすることも、時には必要です。譲歩しながら要望を伝えるというのは、高度な敬語表現が要求される状況です。

特に注意が必要なのが、「可能であれば」ということを伝えるところです。相手がナーバスになっていても、見下された印象を受けないように注意しましょう。相手方の能力に直結する類の点に問題がある場合には、「~ということについて、ご検討いただけますか?」という言い方が無難な表現です。この場合、「ご検討くださいますか?」ではなく、「ご検討いただけますか?」が正しい敬語です。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日ビジネス