【電話が来ない…】アルバイト合格の連絡に関して知っておきたいポイント

アルバイト

アルバイト合格の電話が早ければ時間の無駄を省ける

アルバイトの合格通知の電話は、早い場合ですと、その日のうちに合格を言ってくれる時があります。アルバイトの面接を受けて、合格をもらうなら、少しでも早いとうれしいものです。

何社も受けようと思っていても、その場で合格をもらえば、その後に受けようと思っていた面接を断ってしまうでしょう。ですから、雇う側も、雇われる側も、時間の無駄がないというメリットがあります。

電話が遅い時は、良くない連絡の場合が多い

アルバイトの合格の電話を一週間以内にすると言われても、合格の場合は、それよりも早く来ることが多いのです。合格と決めたらすぐに、連絡をしないと、違うアルバイト先に行ってしまう可能性もあるからです。

ですから、アルバイトの面接をしてから、連絡がなかなかない時は、不合格の場合が多いのが現実なのです。中には、履歴書を送り返すことで、不採用の通知をする会社もあるのです。そうなると、不合格の連絡は相当遅くなるでしょう。

アルバイトの合格を決定する人の考え方

アルバイトを面接して、採用する人は、何人も面接を受けると、とても悩むものです。どうしても、三人しか雇わない時に、一気に五人の面接をすると、二人を落とすことになるのです。

時間に融通が利く、家が近いなどのメリットがあると有利

誰かを不採用にする場合に、誰を、と考えると、あまりシフトに出られない人が落とされる可能性が高いでしょう。せっかく雇うなら、たくさんの時間働ける人の方が仕事を頼みやすいと考えられるからです。

合格の電話は一番採用したい人から順に一般的

合格の電話をする担当者は、一番に採用したいと思った人から順番に合格の電話をしていきます。ですから、最初に電話をした人が数人、採用を断ったら、不採用となるはずだった人が、運よく合格をもらえることもあるのです。

連絡が遅くても、もしかしたら、運よく合格になるケースもありますので、電話がなかなか、かかってこなくても、絶対に不採用とは限らないので、あまり気にしないで電話を待ちましょう。

合格の電話が来たらその後の予定についてもきちんと確認する

めでたくアルバイト先から合格の電話が来たら、採用のお礼を述べるのと同時に、今後の予定についても確認しておきましょう。

入社日やそれまでに必要な書類や手続き等があるかなど、メモを取りながら漏れがないように進めていってください。

アルバイトの合格の電話を長い時間待つのは一生懸命選考している証拠

アルバイトの面接を受けた人は、とても緊張して合格の電話を待っているものです。そして、合格を出す立場の人も、とても頑張って採用を決めています。ですから、何人もアルバイトの面接に来た時は、合格を出すまで時間がかかってしまうものなのです。

基本的に合格が決まったら通知は比較的早いものですが、電話がなかなかなくても、不合格とは限らないので、それほど考えすぎずに採用の電話を待ちましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年12月7日転職