孫が生まれたときの出産祝いに贈る金額の相場

2017年1月16日出産祝い,

孫が生まれた出産祝いの相場は30,000円~50,000円

Baby 933559 640

子供の出産、自分からみて孫の誕生の際の出産祝いの相場は30,000円~50,000円位です。中には100,000円ほど渡す人もいるようです。孫の出産祝いを渡す際に気を付けるポイントは、義理の親のお祝金額とのバランスです。両家であまりにかけはなれた金額のお祝いとならないよう、相場を意識した心遣いが必要となります。

初孫の出産祝いでも相場通りの金額でOK

孫の出産でも特に初孫の誕生は特別です。待望の初孫の誕生ということであれば、お祝いの金額は相場より奮発した方が良いのではないか?とも考えますが、初孫だからといって特別に相場からかけ離れた金額を渡す必要はありません。確かに初孫は特別のおめでたさがありますが、子供は何番目でも同じ存在です。生まれ順でお祝いの相場が異なることのほうが不自然です。

孫の出産祝いは現金を贈るのがベター

孫の出産祝いは、相場である金額が高めのため、物品で贈るよりも現金の方が喜ばれます。特に初孫誕生の場合はベビーカーやらおくるみ、ベビーベッドなど育児に関する品は全て買いそろえる必要があります。しかし夫婦によっては間に合っているものもあり、何が必要かは本人しか分からないこともあるでしょう。そのため、出産祝いは何でも買える現金で贈ると良いでしょう。

現金と併用してプレゼントとしてもOK

孫の出産祝いは、金額の相場が高いため、基本的にそのまとまった金額を現金で渡すと喜ばれます。しかしそれだと少しプレゼントとして物足りないという場合は、プレゼントと現金を一緒に渡しても良いでしょう。プレゼントは夫婦が育児で必要としているものを贈るようにして、現金とプレゼントとトータルで相場相当になれば理想的です。

出産祝いは白い蝶結びの水引ののし袋に入れて渡す

孫の出産祝いは、実の子供夫婦に渡すものであることから、形式ばった渡し方でなくても良いのではないか?と考えるのは良くありません。実の子供であってもお祝いの気持ちを示すため、他人のお祝い同様にのし袋に入れて渡します。のし袋は紅白の蝶結びの水引に、表書きには出産祝いと書いて、お札は新札にして渡します。こういったことを省略すると、親子でも意外と人間関係を損ねることもありますので要注意です。

出産前に渡すのはNG

孫の出産祝いを、出産前に渡すのはNGです。出産は何があるか分かりませんし、無事に生まれてくるとも限りません。そうならないと望むのはもちろんですが、お祝いを事前に渡してしまうと、万一のときに気まずい思いをすることになります。出産祝いは出産から7日後からおそくも1か月を迎えるころまでに訪問して渡すと良いでしょう。

孫が生まれたときの出産祝いに贈る金額の相場は30,000円~50,000円

孫の出産祝いは初孫でもほかの孫と同様、30,000円~50,000円程度の金額が相場です。初孫だからといって相場以上の金額を渡す必要はありません。中には100,000円ほど渡す人もいますが、お祝は両家の間で開きがあるのも好ましくないため高ければ良いとは言い切れません。相場を考えて、出産祝いは渡すようにするのが無難です。出産祝いは現金が喜ばれ、紅白の蝶結びののし袋に入れて、お札は新札にして渡します。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. DYM就職:第二新卒・既卒・フリーター・ニートの就職に強い

    サービス満足度90%!優良取扱企業2500社、エージェントが就職できるまで二人三脚!今からでも正社員としての就活が間に合います。

  3. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

2017年1月16日ビジネス

Posted by BiZPARK