商社が求める人材と必要なスキル

2016年11月29日商社

商社は2種類あるが求める人材とスキルは共通する

Tie 349439 640

商社が求める人材の前に商社とはどういう企業なのか、ご説明しておきましょう。商社には2種類あり、総合商社と専門商社が存在します。総合商社は日本では7社しかなく、どこも誰もが知っている大企業です。その7社以外は専門商社と呼ばれていますが、専門商社と言っても取り扱い商品が1つということではありません。総合商社と同じように、多岐にわたる商品を取り扱っている商社もたくさんあります。総合商社、専門商社、どちらも求めている人材には共通点があるといえるでしょう。

商社が求める人材は経営理念を見ると分かる

商社が求める人材は、商社が掲げている経営理念を見ると垣間見ることができます。下記で紹介する求める人材に当てはまる部分もあるかと思いますが、行きたい商社があった場合は、経営理念を確認してみるとよいでしょう。では、さっそく商社が求める人材と必要なスキルを見ていきます。

商社が求める人材①:柔軟さがある

商社が求める人材として固定概念に囚われない、柔軟な視野と行動力を持つ人材が求められています。固定概念、既成概念があるとその中でしかアイデアも生まれませんし、柔軟性がないと吸収することもできません。独創的なアイデアや企画を出すには柔軟な脳でないとできないことなのです。例えば、絵でも雲の色は白というのは固定概念です。見る人が見れば青にもピンクにも見えます。商社が求める柔軟性は、新しいビジネスモデルを生み出せる柔軟性が必要ですので、固定概念や既成概念は邪魔になるだけなのです。

商社が求める人材②:行動力がある

商社が求める人材として、2つ目に「強い行動力」があります。いくら良いアイデアや企画を思いついても行動、実行できないのであれば意味がありません。これは、ビジネスマンに一番必要なアウトプットができるかどうかになります。アイデアや企画は、インプットの状態です。そのイメージを形にするのが行動、つまりアウトプットになり、これが結果や成果につながります。ただ単位に行動するだけではなく、強いリーダーシップも必要ですし、回りの人間を自分の渦に巻き込むくらいのエネルギーの高い行動力を必要としています。

商社が求める人材③:探求心がある

商社が求める人材に不可欠なのが、貪欲な勉強力です。商社のビジネスにはその時代のニーズが問われ、新しいアイデアやビジネスを展開していかなければならないのです。そのためには知識も必要ですし、知らない分野はとことん追求する探究心も必要になります。ビジネスモデルを作るには、壁にぶち当たってもあきらめずに粘り強く最後までやりぬく力も必要です。そのためには勉強もおしまない忍耐力も重要でしょう。ビジネスモデルを作るのに、何年もかけている時間はありません。つまり、貪欲に勉強する力のある人が求められているのです。

商社には高いコミュニケーション能力が必要

商社で働くためには、とても大切なのが高いコミュニケーション能力です。商社というのはメーカーとは違い、自社が自ら物を作るのではなく中間卸というポジションにいます。そのためメーカーと販売店、双方とコミュニケーションを取り、ネットワークを確立していく必要があるのです。少々見積価格が高くても、人を見て注文してくる販売店も多いです。人脈のネットワークを広げて新たな展開を作ることができるのも、高いコミュニケーション能力があってこそでしょう。商社が求める人材としては、コミュニケーション能力が高いというのは評価ポイントも高くなります。

商社が求める人材は柔軟さ・行動力・探求心がある人!高いコミュニケーション能力も必要

商社が求める人材と必要なスキルについてみてきましたが、いかがでしたか?商社では、柔軟さ・行動力・探求心がある人材が求められています。今はこれに当てはまらなくても、商社に勤めたいと考えているなら身に付けておく必要があるでしょう。また、商社が求める人材には、プラスアルファとして高いコミュニケーション能力も必要です。1つずつ身に付けて、挑戦しましょう。

人気の転職サイト特集

  1. DYM就職:第二新卒・既卒・フリーター・ニートの就職に強い

    エージェントが就職できるまで二人三脚!今からでも正社員としての就活が間に合います。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

2016年11月29日転職

Posted by BiZPARK