転職を繰り返す人の特徴6選と性格を直すための3つの方法【転職成功メソッド公開】

2018年9月26日自己分析

日本人の平均転職回数は1.8回

Girl 1064659 960 720

転職を繰り返す性格でお悩みの方は、自分の性格を見つめなおし、将来について真剣に考える機会が必要である。今回は転職を繰り返す人にみられる6の特徴から、転職を繰り返す自分を見つめなおす方法を紹介。

日本では一般的に転職を繰り返すことに対するイメージはまだネガティブなのが現状だ。可能であれば一生の転職回数を少なくするほうが賢明である。

ある調べによると、日本人全体の平均転職回数は1.8回という事実がある。転職を繰り返すたびに企業からの評価が下り続ける悪循環。それを防ぐためにも、転職を繰り返す人の特徴と、そこから見えてくる性格を見つめ直す機会にしていただきたい。もし、転職を考えているようなら自分がその性格に当てはまるかどうか確認してほしい。

20代の平均転職回数は0.9回

ある調べによると、日本の20歳代の平均転職回数は0.9回と、20代の70%が1回は転職している計算になり、新卒で入社した企業を離れる人の多さが分かる。

それでも平均転職回数が1回に満たない理由は、一度も転職することなく最初の会社で働き続ける人も多いからである。20代の時点ではまだ、転職を希望するきっかけがない場合が多いといえる。

30代では平均転職回数が1.7回に増加

30代になると、平均転職回数は一気に1.7回まで増加する。転職経験がない人の方が圧倒的に少なくなり、ほとんどの日本人が30代までに1回は転職を経験していることになる。つまり、22歳で最初の会社に入ってから39歳になるまでの17年間、何らかの理由により転職を考えるタイミングが誰にでも訪れるといえる。

このように、転職自体は珍しくなく、現代の日本では一般的な感覚になっているのだ。

転職を繰り返す原因は自分に合った企業が選択できていないから

B7eb1f7dfba3f615

転職を何度も繰り返してしまう…..、それは、転職する際に自分にしっかり合った企業を選択できていないからです。一人で転職活動を行っていては、また同じことを繰り返してしまうだけです。そんな負のスパイラルから抜け出すためにも、転職エージェントに相談してみてはいかがでしょうか?

特にオススメなのが「ハタラクティブ」です。綿密なヒアリングによる性格分析に定評があり、その結果をもとにあなたを最適な企業に結び付けてくれますので、何度も転職をしてしまうような事態は無くなるでしょう!

転職のしすぎで社会的信用が低下する

Tree 97986 960 720

転職が一般的になった日本社会においても、採用する企業側からは厳しい目で見られるという現実がある。

キャリアアップを目的とした転職ならまだしも、基本的には転職を繰り返すと履歴書の職歴が埋まっていき、企業の規模や給与面などの待遇は悪くなっていく一方である。

ここからは、転職を繰り返すことで起きるデメリットについて解説する。

転職のたびに待遇が悪くなるケースが多い

転職を繰り返すと、基本的に待遇が悪くなってしまうケースが多い。大手を目指そうとしてもなかなかうまくいかず、待遇の低い条件で転職するようになり、それを繰り返すと徐々に給与面などで妥協せざるを得なくなってしまうためである。

転職回数の多い履歴書は選考で不利に

転職を繰り返すデメリットの2つ目は、履歴書が短い職歴で埋まってしまう点である。

企業側は履歴書の段階で、転職歴の多さを理由に選考から外してしまうケースも多い。入社後にまたすぐに辞めてしまうのではないかと思われてしまうからだ。

いつまでも給料が上がらない

転職を繰り返すデメリットは採用されにくくなるだけではない。1つの企業にとどまる期間が少なくなるため、必然的にスキルや管理職としての能力が備わらないためである。

昇給もしづらく年齢を重ねても給与は初期設定の低いままなのだ。

即戦力として求められる年齢になる

前述したスキル面の問題に近いが、こちらは年齢を重ねるにつれて企業側が即戦力として求めてくる点にある。とくに30歳を過ぎるとそれなりの社会経験と成果が求められる年齢となり、書類選考を通過できたとしても、面接で追求される可能性が高い。

転職を繰り返す原因6選

Check

ではここで、転職が多い人の傾向をランキング形式で紹介する。

もし、下記に該当する項目があれば少し身を引き締めて仕事に取り掛かった方がいいかもしれない。

第1位:特にやりたいことがない人

転職を繰り返す人の特徴としての1位は「特にやりたいことが無い人」といわれている。

転職を1度すると、「意外と転職は簡単に出来るんだ。」と思いドンドン転職を繰り返していく傾向にある。そうしていくと、「隣の芝は青く見える」と良く言われる現象になり、現状に対して不満と感じてしまうというわけだ。

そうしていくと、少しでも条件が良い職場に転職を繰り返し、キャリアップもしないまま、ほんの少しの条件アップで喜んで転職してしまうというのが多い傾向にあるのだ。

第2位:給料の低さ

給料が低いと言って、転職活動を始めた人も危険信号といえるだろう。

転職活動では、「前職の年収」を検討し、転職先の給料が決まることとなる。そのため、前職結果を残していない人は、給与がアップしていないので、給料が低いままの状況で転職活動を行うので、次の勤務先でも低い条件になってしまうのだ。

そういって、悪循環に陥り転職を繰り返してしまうことになる。

第3位:労働時間の長さ

労働時間が長いということで、次の転職を選ぶ人も少なくない。労働時間は実際に働いてみないとわからず、面接の際に伝えている内容を齟齬があって勤務時間が長いといって辞めていってしまう。

こういうことを言う人は非効率なことを行い、労働時間が長引いてしまっている傾向にあるだろう。

第4位:会社の将来に対する不安

会社の将来に不安を持ち、転職を行う人も少なくない。

会社の業績が悪いと、売上目標を高く持たされてしまうこととなる。そうすることで、無茶な目標のため未達が続き、社内の雰囲気が悪くなってしまうのだ。

社内の雰囲気も悪くなってくると、「この会社大丈夫かな?」となり、潰れる前に転職しようという心理が働き、結果的に転職してしまうのだ。

第5位:スキルアップのため

Working 1024375 960 720

スキルアップの為に転職活動を繰り返す人もいるだろう。

こういった人は、転職先で身に付けた能力を武器に、更に新しいスキルを向上させるために転職を繰り返す傾向にある。

第6位:自分の価値を上げたい

自分の価値を上げたい人は、転職を繰り返す傾向が高いと言われている。一般的にジョブホッパーと言われている人で、最初は小さな会社に在籍して、徐々に大きな会社に転職する人が多いだろう。

こういった人は、「自分の価値=会社の規模」という誤解をしている場合が多い。会社が大きくなれば、市場価値が高まると勘違いしているが、条件は大きく変わらずに徐々に自分の価値が下がっていく傾向にあるのだ。

転職を繰り返す3つの性格がある

Biru

転職理由の6選から、転職を繰り返す人の性格は大まかに3つに分類できる。

それは、「隣の芝が青く見えてしまう」、「何かと飽きっぽい」、「決め手がないまま次の仕事を選ぶ」というものだ。

性格①:隣の芝が青く見えてしまう

転職を繰り返す人の性格として、隣の芝が青く見えてしまうというものがある。自分が働いている環境しか見えておらず、周囲の人たちが働いている環境がとても魅力的に映ってしまうのだ。

このタイプの性格の人は、企業への不満が多く、何かと外部要因のせいにしてしまいがちである。

性格②:何かと飽きっぽい

転職を繰り返す性格の2つ目は何かと飽きっぽい人。

仕事を一通り覚えるとやる気をなくす人もいるが、大半の人は設定した目標値が低かったり、自尊心が高かったりするなど、目標に対する実行力という点にやや問題がある。

性格③:決め手がないまま次の仕事を選ぶ

3つ目の性格は決め手がないまま、ただなんとなく選んだり、収入面の不安などから転職を決めたりしてしまうというもの。

自分の適性や性格面の問題を把握せず、退職後すぐに転職しては自分に合わないからと理由をつけて失敗を繰り返す。悪循環が生まれてしまっている。

これ以上転職を繰り返さない3つの方法

Cravat 987584 960 720

結論として、転職が当たり前の社会になってはいるが、何度も繰り返すことはキャリア形成の面からも避けるべきである。

1つの対処法として現在の職場で我慢して働き続けるという選択肢かまたは、自分の性格を見つめ直し、今か次の職場で転職は最後にしよう。

方法①:自分の性格を知る

転職を繰り返さない方法の1つ目は、自分自身の性格を知るというもの。

意外と自分の性格を知らずに生きている人は多い。まずは、自分がこれから何をやりたいのかをメモに書きだす作業を行ってみよう。

その中から実現可能なものに的を絞った転職活動をする。それだけでも、繰り返すクセは防げるはずだ。

また、Webサイトや転職サービスで受けられる職業適性テスト試してみるのもよいだろう。自分の性格から適性のある職業を判断してもらえば、今まで見えてこなかった「天職」と出会える可能性もある。

方法②:転職のテーマを決める

2つ目として、転職のテーマを考える方法がある。

今まではただ漠然と転職を繰り返すばかりでも、やりたい仕事を目指したり、給料などの待遇面を重視したり、原則定時退社など、テーマを定めてその中で転職活動を行うだけでも間違った企業とのマッチングを防ぐ効果がある。

方法③:今の職場が最後という気持ちに

3つ目の方法は、もう転職をせず、今の職場で最後にするという気持ちを持って働くことだ。

転職を繰り返すリスクを理解したうえで、次の職場が今よりもよくなるとは限らないという考え方を持つ必要がある。

自分に合わないと思った点も、上司に相談するなどして解決していこう。生きるために仕事に我慢して生活する、というのも立派な考え方なのである。

方法④:転職エージェントの利用

F6f0c952e9faaead

4つ目の方法は、転職エージェントの利用です。転職エージェントに相談すれば、あなたが求める条件にしっかりマッチした企業を紹介してくれます。自分に最適な企業に転職できれば、そこからまた転職をしようなどと考えることも少なくなるでしょう。

しかし、いきなり転職なんてリスクが高いですよね。そこでオススメなのが、「doda合格診断」です。あなたの経歴やキャリアを入力するだけで、合格可能性のある企業を診断してくれて、自分の実力を知ることができます。その後、転職エージェントと面談をして、求人紹介を含むサポートが受けられますよ。

転職を繰り返す性格を変えるか否かはあなた次第

転職理由の上位6選の特徴を知り、転職を繰り返す自分の性格を理解する。これこそが転職を失敗させない最良の手段である。

人生は一度きりだが、自分だけのものではない点も理解し、リスクを知ったうえで自分の将来を真剣に考える必要がある。

結論として、転職を繰り返すほど不利になるため、今の職場で頑張るという選択肢も視野に入れながら最後の転職を目指そう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. DYM就職:第二新卒・既卒・フリーター・ニートの就職に強い

    サービス満足度90%!優良取扱企業2500社、エージェントが就職できるまで二人三脚!今からでも正社員としての就活が間に合います。

  3. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

2018年9月26日転職

Posted by BiZPARK