行政書士に公務員がなるための条件

公務員, 行政書士

公務員は条件をクリアすることで行政書士として仕事ができる

Tie 690084 1280

難易度が高いと言われている行政書士ですが、公務員として勤務している人は、行政書士として仕事をすることができます。もちろん、誰でもなれるわけではなく、勤務期間などの条件があるので、それらをクリアしなければいけません。また、行政書士になったからといって成功するのは限らないので、勉強をしてから道を決めることをお勧めします。

行政書士になれる公務員の条件は行政に関わる仕事をしていること

行政書士になるには、通常、試験を受けなければなりませんが、公務員として勤務していることで、試験を受けなくても行政書士になる道があります。そうはいっても、公務員にはさまざまな職種があります。市役所の職員、警察官、消防士、自衛隊などいろいろです。行政書士になれるのは、行政に関わる仕事してきた場合です。そのため、警察官や消防士、自衛隊などは公務員であっても、行政書士になるには試験を受ける必要があります。

公務員が行政書士になる条件には年齢が関係する

公務員が試験を受けずに行政書士になるには条件があります。その一つが行政に関わる仕事をしているということですが、さらに年齢も関係してきます。それは、公務員として働いていたとしても、行政に関わる仕事を何年してきたか、という条件があるからです。それを満たすには、最短でも35歳以上となるでしょう。それだけ経験が必要だということです。

公務員が無試験で行政書士になるためには17年以上の勤務年数が条件

公務員が無試験で行政書士になるには、17年以上勤務した場合という条件があります。17年以上行政の仕事に関わっているということが条件の一つであり、高卒の場合で17年以上、それ以外は20年以上の実績が条件となります。そのため、最短でも高卒で17年以上勤務する必要があるので、行政書士になるには35歳以上でなければなれない、ということです。

公務員が行政書士で成功するには集客が大事

行政の仕事に17年以上かかわり、行政書士としての仕事内容も把握しているとしても、公務員として仕事をしてきたわけですから、それ以外のことは経験がないということを認識しましょう。行政書士として開業しても、営業をしていかなければ、集客はできません。行政書士になる前に、どのような方法で集客ができるか、行政書士になるために必要なことを考えましょう。

公務員が行政書士となり集客するにはマーケティングが必要

公務員としての仕事をしていると、営業などの仕事とは一切かかわらないものです。しかし行政書士として開業するなら、集客をしなければお客さんは集まりません。そのため、マーケティングの方法を学ぶとともに、どのような場所に事務所を設置するか、どのような需要があるのか、宣伝方法はどうするか、などの施策が必要となります。

公務員から行政書士になる条件は行政の仕事と勤務年数

行政書士になるには試験に合格しなければならないのが通常ですが、公務員として行政の仕事をしていれば、無試験で行政書士の資格を取得することができます。そのためには、行政にかかわる仕事を17年以上経験することが条件です。また開業を考えるのであれば、公務員として経験のない営業の方法やマーケティングについて勉強してから、スタートをするようにしましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日転職