重ね重ねお詫びをする謝罪の意を言葉で伝える方法

謝罪

「重ね重ねお詫びを申し上げます」はミスに対する謝罪に使う言葉

Gf01a201503301300

「重ね重ねお詫びを申し上げます」という何度も何度もお詫びをするような言葉は、出来れば使いたくありませんが、社会人として生活をしている以上、自分が何等かのミスをおかしてしまって謝罪する、または会社のミスを会社の代表として謝罪する、など、使う事があるでしょう。「重ね重ねお詫びを申し上げます」を言う場面において、適切な使い方をみていきましょう。

「重ね重ねお詫び申し上げます」は何度もお詫びをした後に使う

重ね重ねお詫びを申し上げます、と、二度も「重ね」ている事から想像出来るように、当方のミスについて何度もお詫びし、それでも相手に納得してもらえない、受け入れてもらえない、というような場面や、自分がまだ言い足りないと思った場面で使います。謝罪の場面の中で数回お詫びをして、それでももう一度伝えよう、と思った時に「重ね重ねお詫びを申し上げます」を言うわけです。

「重ね重ねお詫び申し上げます」という言葉だけでは単調に

重ね重ねお詫びする場面で、何度も謝罪をして、重ね重ねお詫びもしたけれど、それでも相手が納得していなくて更にお詫びをしなくてはいけない時、「重ね重ねお詫び申し上げます」と言ったけれどまだお詫びの言葉を重ねたい時はどうしたら良いのでしょうか。お詫びの言葉は複数あり、様々な言葉をバリエーション豊かに組み合わせる事で、謝罪の気持ちが伝わりやすくなります。

「重ね重ねお詫びを申し上げます」最後に使う言葉として取っておく

重ね重ねお詫びを申し上げます、という言葉は何度も重ねている事から、最後の手段の謝罪の言葉という印象が強いです。重ね重ねお詫びをする前に「誠に申し訳ありませんでした」「多大なご迷惑をおかけしました」「心から申し訳なく思います」など、色々言葉を変えて謝罪の意をお伝えし、それでもなお必要な場面に「ダメ押し」とて「重ね重ねお詫び申し上げます」を使うと効果的です。

「重ね重ね」謝罪の言葉を伝える方法が一番

けれど色々な謝罪の言葉を使い、それこそ重ね重ねお詫びを伝えたところで、相手へまだ届かない場合はどうしたら良いのでしょうか。謝罪は、何よりも心を込めてお伝えする事が一番大切です。心のこもった謝罪を「重ね重ねお詫び申し上げます」と聞く事で多くは自然と怒りが収まります。それでも受け入れてもらえない場合は少し時間を置く事も必要です。

お詫びを1人ではなく数人で行う方法も

例えば謝罪する対象がお客様、会社としての不祥事を謝罪する場合、重ね重ねお詫びを伝えるのは、何も自分一人でなくても良いのです。相手がなかなか納得してくれず、受け入れてくれない場合は、人を変えて更に重ね重ねお詫びをお伝えすると、不思議と、ふっと怒りや緊張が解ける事があります。不祥事があり、心を込めてお詫びをして、それでもだめだと思ったら、他の人へ応援を頼む事も有効な手段です。

「重ね重ねお詫び申し上げます」という謝罪の言葉は繰り返すことが効果的なフレーズ

重ね重ねお詫び申し上げます、は数ある謝罪の言葉の中でも、最後の方で使うと効果的なフレーズです。心を込めてお詫びをお伝えしても、なかなか理解していただけない、納得していただけない場合は、その状況にもよりますが、謝罪する人を変えて重ね重ねお詫びする事も効果的です。何より「申し訳なかった」という気持ちがあれば、時間はかかっても謝罪の気持ちは伝わるでしょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日ビジネス