新年度の挨拶でそれぞれの場面に相応しい言葉

2016年11月29日新年

取引先への新年度の挨拶に相応しい言葉とは

Fountain pens 865993 640

社会人であれば、取引先へ新年度の挨拶に伺ったり、新年度の挨拶の手紙を送る事があるでしょう。新しい年度の始まりである4月ですから、新たな計画を立てていたり、新しい方向性へ進もうとしているまさに「スタート」の季節です。桜も満開になる4月。そんな場面でふさわしい挨拶の言葉はどのような種類のものになるのでしょうか。

取引先へは感謝の言葉が相応しい

年度末が一年間を振り返るものであるとすれば、新年度は未来を見据えて、今まさに走り出そうとする時期です。そのような時期の挨拶は、取引先へは感謝の言葉を述べましょう。手紙でしたら表現しやすいですね。対面であれば、挨拶の中で、そのような気持ちを忘れないように、会話の中に盛り込めると好印象です。

新入社員への新年度の挨拶に相応しい言葉とは

もしかしたら、新入社員へ向けて、新年度の挨拶のスピーチを頼まれるかもしれません。そんな時は、どのような挨拶がふさわしいのでしょうか。新入社員ですから、これから始まる社会人生活にドキドキ、ワクワク、まさに新たな世界へ踏み出したばかりです。そんな彼らの背中を押し、励まして力づけるような新年度の挨拶が望まれます。

未来を明るく感じさせるような言葉が相応しい

新入社員は未来の事しか目を向けていませんから、新入社員へ過去の事を話す事はナンセンスです。新入社員へ向けた新年度の挨拶は、これから一緒に働く仲間として迎える事、前向きに仕事をする事で、会社や自分の成長になる事などを話すと良いでしょう。新年度の挨拶の中に、自分の新入社員時代の思い出話も、少し盛り込んでも良いかもしれません。

手紙で新年度の挨拶をする際に相応しい言葉とは

社会人ともなれば、手紙を送る機会も増えますね。新年度に送る手紙は4月の時候の挨拶を使います。外は暖かな陽射しに満ちて桜の花が咲いている季節、手紙に添える時候の挨拶を選ぶのも楽しくなりますね。

4月の時候の挨拶の言葉を盛り込むのが相応しい

手紙で新年度の挨拶をする場合は、4月の時候の挨拶の言葉を盛り込みましょう。取引先へ送る手紙であれば、新年度の挨拶としては「春陽の候、貴社におかれましては益々ご清栄の事と」というように書き出します。

新年度の挨拶では取引先に向けるものは明るい言葉を選びそれ以外も状況に応じて使い分けよう

ここまで、新年度の挨拶でそれぞれの場面に相応しい言葉を紹介してきました。多くの出会いがある新年度、挨拶をする機会も増えますね。4月という晴れやかで、かつ前向きな空気感を大切にした挨拶を心がけましょう。また新年度は新入社員と接する機会も増えます。新生活を迎える新入社員を、暖かく励まし力づける挨拶をして、これから一緒に働くのだというベース作りをしたいですね。また4月は素晴らしい時候の挨拶も多いですから、手紙を書く事もおすすめです。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. DYM就職:第二新卒・既卒・フリーター・ニートの就職に強い

    サービス満足度90%!優良取扱企業2500社、エージェントが就職できるまで二人三脚!今からでも正社員としての就活が間に合います。

  3. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

2016年11月29日ビジネス

Posted by BiZPARK