レポートで上手に論じると得られるスキル

レポート

レポートの課題が出た際には論理的な書き方が求められる

Old letters 436503 1920

大学の講義などの課題で、レポートを書いてくるように言われる事があります。この場合に、「~を論じる」ように、求められる事が多くあります。この場合は、論理的に書く事が求められています。論じるという意味をきちんと理解していないと、全くレポートを出す事の意味が違ってきてしまいますので注意しなければいけません。

レポートの目的は資料や経験を論じること

レポートで論じると課題が出た時には、論理的に書く事が大前提となっています。この時には、自分の意見をレポートに入れる必要はありません。自分の意見を入れたりするものは、作文であって、レポートとは違うのです。 レポートの目的は、正確な資料や自分の経験を元にして、事実のみを写真・挿絵・グラフ等などを使って、読み手に理解しやすく解説するのが目的なのです。

レポートでも「論じる」の定義は内容をまとめて問題点を追及するということ

レポート課題で、「~について論じる」という課題を出す時にどんな意図があるのかを理解しましょう。この場合には、ある特定の事象について調査して、その内容をまとめて問題点を追及していきます。そして問題点の解決策を提示していきます。といった内容の事をレポートで論じる場合には盛り込んで書いていきましょう。

レポートの質を上げるためには「解決策」が上手く書けているかが重要

レポートで論じる事でより質を上げるためにも、問題点の解決策を人とは違った内容で書いてみましょう。どうしても、解決策を書く事は難しいですが、この内容を上手に書かれているレポートは、完成度の高い文章として評価されるでしょう。レポートをより質を上げるためには、情報をしっかりと集めて書く事から始めましょう。

レポートが上手になる事のメリットは卒論の作成が楽になる

レポートとは一体何なのか分からないうちは、それほどレポートの大切さが分からないと思います。レポートで論じる事が上手になるメリットとしては、卒論も上手に書く事が出来る事です。卒論はレポートよりも長編になるので、いきなり書くととても大変な作業です。ですから、レポート課題が出た時に、しっかりと論じる事を勉強していきましょう。

レポートで論じることが上手になると「問題設定能力・調査力:・文章構成能力」が養われる

レポートを論じる事が上手になる事で得られるスキルには、問題設定能力、文献調査能力、文章構成能力が挙げられます。この上手に書く能力は、もちろん卒論でも役に立ちますが、社会に出て仕事をするようになっても確実に役に立ちます。どんな仕事でも、レポートを書く機会はあるはずです。論じる事が得意になる事は、これからの自分にとって、素晴らしい能力となっていくはずです。

レポートで論じることが上手になると社会にでても役立つスキルが身に付く

レポートで論じる事は、最初は難しい事かもしれませんが、考え方だけきちんと押さえておくと簡単です。論じるために考える事は、ある特定の事象について調査して、その内容をまとめて問題点を追及して、その解決策を提示していく事です。このレポートで論じる事が上手になる事は、自分にとって、将来素晴らしいスキルとなっていくものです。ですから頑張ってレポートを作成しましょう。

こちらもあわせて読みたい!

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日転職