レポートのテーマの決め方で有効な3つの考え方

2016年11月29日レポート

レポートのテーマの決め方①:指導員の指示に従う

Dog 734689 640

レポートのテーマに関しては、指導員によって予め決められている場合があります。個人でそれぞれ決められている場合もあれば、生徒全員が同じテーマのレポートを作成することになる場合もあります。レポートのテーマだけではなく、書式や文字数など基本的なレポートの作成の条件を押さえておきましょう。途中でテーマが違うことを知った場合は最初から書き直すことになります。

大体のテーマの方針が決められていることがある

レポートのテーマの大体の方針が決められている場合は、自分の趣味や日常生活など身近な部分に注目しましょう。難しく考えてしまうと、テーマから逸れてしまう恐れがあります。例えば、「日常生活で自分が力を入れていること」がテーマの場合は、「睡眠時間の調整によるモチベーションの向上」などで良いでしょう。テーマの決め方について深く考えないことが大切です。

レポートのテーマの決め方②:書きやすさを重視する

レポートのテーマを難しいものにしてしまうと、レポートの途中で何を書けばいいのかわからなくなってしまう恐れがあります。頭の中でレポートの構成を思い浮かべて、スムーズに結論まで思い浮かべられたら、そのテーマに決めると良いでしょう。レポートの半分程度まで進んだ時点で何を書けばいいのかわからなくなる場合は、違うテーマを考えた方が良いでしょう。

伝わりやすさを考えてテーマを決めよう

レポートのテーマを決める際には、そのテーマでレポートを書いた場合、読み手にしっかりと伝わるかどうかを考えましょう。相手に伝わりにくいテーマでは、レポートの作成に高い文章力と表現力が求められてしまいます。レポートのテーマの決め方次第で、レポートの評価が決まると言っても過言ではありません。テーマの決め方がわからない場合は、指導員に相談しても良いでしょう。

レポートのテーマの決め方③:モチベーションの上がるものを選ぶ

レポートのテーマの決め方は様々ですが、難しいことは考えずに、レポートを書くことに対するモチベーションが上がるテーマを選ぶのも一つの手段です。テーマの決め方を指定されていない場合には、自分の趣味をテーマにしても良いでしょう。モチベーションを保てるテーマで書くことで、結果的に良いレポートに仕上げられる可能性があります。

これまでの経験を踏まえてテーマを選ぼう

レポートのテーマは、これまでの経験を踏まえて選ぶと良いでしょう。これまで研究を続けてきたテーマの話を盛り込めるテーマを選ぶことで、充実した内容に仕上げられる可能性が高いです。レポートで高評価を得るためには、テーマの決め方が重要だということを覚えておきましょう。日ごろから、研究していたものをテーマにして、進捗状況などをレポートにまとめるなどして練習をしておくことが大切です。

レポートのテーマの決め方は指示を守りモチベーションの面からも考える

レポートのテーマの決め方を間違えてしまえば、レポートを書き進めることが難しくなる可能性があります。レポートの決め方としては、モチベーションが上がるかどうかや、これまで研究してきた内容を盛り込めるテーマを選ぶといった方法が挙げられます。テーマの決め方次第でレポートの内容の充実度が変わることを覚えておきましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. DYM就職:第二新卒・既卒・フリーター・ニートの就職に強い

    サービス満足度90%!優良取扱企業2500社、エージェントが就職できるまで二人三脚!今からでも正社員としての就活が間に合います。

  3. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

2016年11月29日ビジネス

Posted by BiZPARK