レポートで序論から本論へとつなげる魅力的な書き方

レポート

レポートの序論は本論の1/6ほどの文量

Blogging 336376 640

レポートの序論は、レポートテーマの目的の確認であったり、結論の要約であったりします。いずれも読み手にこのレポートを読ませるためのフックとしての役割を持ちます。そのため序論自体のボリュームは本論の1/6ぐらいでいいかもしれません。あまり長々と書かずに簡明な文章で本文につなげましょう。なぜならテーマの関する意見は全て本論でのべるためものですから、レポートがくどくならないためにも簡潔に書くのが良いでしょう。

レポートの序論を簡潔にする

レポートの序論では全体の要約、結論の提示、自分の立場、役わりなどレポートの本論を読ませるための文章です。ここがしっかりしていないと読者(面接担当)などの関心を持たせることができません。ですからできるだけ簡潔に、すっきりとまとめておきたいものです。また本題の土台になる部分にもなりますからしっかりとした文脈を持つ必要があります。

レポートの序論に盛り込みたい話題は「なぜ自分がそう考えるようになったか」

レポートの序論には基本的に、自分がなぜそのような意見を持ったかについて述べ本論につなげるという役割がありますから、自分がそのように考えるいきさつを本論で述べるという予告編としての役割もあります。序論を読んで思わず読んでしまうとまではいかなくてもレポートを最後まで読ませるだけの問題提起、斬新な結論の提示が必要となります。また結論を頭に予告しておくだけで、読み手は本論の趣旨がわかりやすくなります。ですから序論はレポートの重要部分と言えるでしょう。

レポートの序論に使われる出だしは現状の確認となる

レポートの序論で使われる事柄は、企業であれ公務員であれ、今ある現状を確認するために序論を使う場合は多いものです。それも書き手の主観ではなく、より客観的な事例が求められます。一般企業のレポートであれば『自社の問題点』と言ったテーマが多いようですが公務員の場合は地域社会の問題と言った幅広いテーマを提示される場合があるので、いろんなジャンルのプロットをつくっておくと序論もすんなり出てきます。

序論から本論へつなげるには読者の関心をひくこと

レポートの序論から本論へつなげるためには、とにかく関心を引くことが大切です。例えばいきなり、課題の結論を「○○は○○である」などと断定して「なぜなら」とう形で本論へと誘う方法や「現在は○○は○○のために○○した状況にある。そうした弊害として○○と○○:があげられる。本文ではその弊害を取り除く方法について論じる」などの展開で本論に結びつけると良いでしょう。

レポート序論を正しく作成できると本論から結論までがぶれずに書ける

序論はレポートの顔です。短くてもいいので自信をもって書きましょう。序論が貧弱だと本論までそうした印象で読まれてしまうのでたいへん損をします。レポートの土台をなす部分でもあるので、ここで提示する結論、ないしテーマの定時については簡潔明瞭に行いましょう。すっきりとした序論のレポートは本論、結論までがぶれずに首尾一貫したものが書けます。

レポートの序論は本論につなげるために上手く読者の関心をひくのが大切

序論が特殊なのはレポートの文頭にあるからだけではありません。持ち帰りの課題でレポート用紙数枚になるような場合、序論は特別の役目を果たします。例えばレポートを書く場合は表紙をつけ、序論に目次をつけて本論、結論が何枚目にくるのかを明示します。その場合、本論には見出しをつける必要があります。またレポートのページ数の印字も必要です。レポートには「課題○○○○に関するレポートと題名を入れ、自分の名前を書きます。序論にはそうしたレポートの顔になる側面がありますので、気を抜かず序論の体裁を整えましょう。その場で書く場合は序論から書きだしてよく、序論、本論、結論の見出しも必要ありません。印象的なレポートの序論で読み手を惹きつけましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日ビジネス