レポートのレベルを決める目次の上手な書き方

2016年11月29日レポート

目次にはどんなに短くても1枚紙を使う

Calculator 385506 640

レポートを書く時に、目次はとても大切な役割をはたしています。レポートにおいて表紙と目次は、必ず本文の前につけるものとなっています。目次の書き方として、文字の量がいくら少ない場合でも、目次だけで紙1枚を使うようにしましょう。目次で書くことは、章と節のタイトルと、そのページ数となります。だれにでも目次分かるように、目次ページの上には<目次>と書いておきましょう。

目次はページ数には入らない

レポートのページ数の書き方で間違えやすいことは、表紙と、目次にはページ数をカウントしないことです。ワードでレポートを作成した場合、ページ数を入れると最初のページから通し番号で振られることになります。ですから、表紙・目次の文書と、本文の文書は、別のドキュメントに保存しておくと、スムーズにページ数が振られます。

目次の本来の役割は内容を一瞬で伝えること

目次の本来の役割は、目次をみれば内容が一瞬でわかるようにすることです。目次には、レポートの構造的な概要が示されていますので、目次の書き方が上手な人なら、レポートの内容が大体把握出来てしまうものなのです。目次は単独で示すことが一般的となっています。しかし、レポートの内容次第で、目次の表示方法としてツリー表現などで、構造的に示す方が効果的な場合もあるでしょう。

レポートの構成を目次で作る

レポートの目次の書き方で、レポートの構造的な概要が分かるものです。レポートを書く場合によって、同じ目次でも書き方を変えましょう。 目次でレポートの目的が、相手に素直に伝わるような書き方をしましょう。目次でレポートを誰の目で見ても分かりやすく表現することで、読む人が自然とレポートの中身を読んでみたい、と感じさせるものなのです。

目次をもとにして文章構成を作る

レポートの評価は、読み手が中身を読む時に決めるものです。大学でのレポートの場合でいうと、多くの教員がレポートの採点で見ている点が文章構成なのです。つまり、レポートの書き方の基本である「序論」「本論」「結論」の3つからきちんと構成されているかどうかが大事になってきます。ですから、最初に目次を作る場合には、「序論」「本論」「結論」の3つを入れて作成しましょう。

レポートでは構成が大切になるので「序論」「本論」「結論」の流れをスムーズにしよう

レポートで文章構成を考えた書き方にする簡単な方法は、「序論」「本論」「結論」の3つを目次に入れることです。「序論」とは、どんなテーマを扱うのかを明確にします。そしてそのテーマの何を明らかにしたいのか?なぜそのテーマを扱うのか?などを書きましょう。「本論」は研究結果、考察内容などを書きましょう。「結論」は、展開した考察や、研究結果を簡潔にまとめたものです。文章構成が目次からきちんと出来ているレポートは、よりレベルの高いものとなるでしょう。

レポートの目次で上手な書き方として構成まで組み込めること

レポートの上手で簡単な書き方は、目次で文章構成を立てることです。目次を最初に書く場合は、目次をもとに文章を作っていくため、自然と本文も文章構成がきちんとできているレポートに仕上がっていきます。ですからレポートが課題で出たけれど、書き方で困ってしまった場合には、漠然と書く内容決まった段階で、目次から書いてみると良いでしょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. DYM就職:第二新卒・既卒・フリーター・ニートの就職に強い

    サービス満足度90%!優良取扱企業2500社、エージェントが就職できるまで二人三脚!今からでも正社員としての就活が間に合います。

  3. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

2016年11月29日ビジネス

Posted by BiZPARK