読書レポートにおける社会人が知るべき書き方のコツ

レポート, 読書

読書レポートの書き方のコツ①:読み手を意識しよう

Document 428334 640

社会人に課される読書レポートには正解はなく、あなたが何を感じ、考えたのかを、素直に伝えるのがポイントです。ですが、読み手にわかりやすく書くことは、自分の評価をあげることにつながります。読みやすい書き方でまとめるためにも、社会人なら文章にまとまりをつくること、書面に余白が感じられるレイアウトを心がけることを、意識して書きましょう。

読書レポートを企業が課す目的は従業員の特性を知ること

読書レポートは、課題図書を一冊読んで、それに対する感想を書きます。複数の新人社員に読書レポートを書かせるのは、その文章や内容を見ることで、着眼点や発想力、分析力、構成力、論理的思考力など、個々の特性が見えてくるからです。社会人の読書レポートの書き方は、課題の目的を理解し、読み手を意識したものであるのが望ましいのです。

読書レポートの書き方のコツ②:「5W1H」を意識して書こう

社会人の読書レポートは、学生時代に教授や国語教師に提出した時のように、難解な言葉を使ったり、格調の高い文章を必要としていません。その文章の中に、「Who(誰が)」「What(何を)」「When(いつ)」「Where(どこで)」「Why(なぜ)」「How(どのように)」という、5W1Hを意識した文章を盛り込みましょう。社会人なら是非知っておきたいですね。

5W1Hを意識した構成を心掛けよう

社会人の読書レポートの書き方は、文章構成も決まっています。それは、標題と内容趣旨に分けるというものです。標題とは読書レポート全体の要約のことを指し、内容趣旨とは感想を詳述することをいいます。通常は、標題から順番に書いていくものですが、書き方に慣れるまでは、内相趣旨を書いてから、標題をまとめる方が進めやすいかもしれません。

読書レポートの書き方のコツ③:言葉使いや量に関するルールを守ろう

まず、社会人が読書レポートを書く時には、語尾を統一するのが原則です。「である調」にするか、「ですます調」を選ぶかは、企業によって異なります。他の新人研修で提出したレポートと同じ語尾を選び、混在させないように意識して、文章を書きましょう。語尾を統一することは、社会人のレポートの書き方では、できて当然なスキルです。

読書レポートは適切な枚数に抑えよう

社会人の読書レポートは、会社の創業者や経営者の著作やビジネス書が課題図書になることが多いです。読書レポートとして作成するなら、A4版1枚程度で要旨をまとめ、2~3枚で詳細を説明するという書き方にするのが基本です。長ければよいというわけではないので、枚数が多くなり過ぎないように注意してください。同様に、少なすぎるのもNGです。

読書レポートの書き方について社会人が知るべきコツは「5W1H」の意識と言葉や量に関するルールを守ること

読書レポートの社会人が知るべき書き方のコツを見てきました。新人時代に読書レポートを課題にする背景には、キャリアを重ねるにしたがって、様々な報告書などを書くことが増えるので、早いうちにビジネス文書の書き方に慣れてほしいという意図が隠れているものです。同様に、課題図書を読むことで、ビジネス的な視点を養うこともできるでしょう。説得力を持った文章の書き方を身に付けるという気持ちで、読書レポートに取り組んでみてください。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日ビジネス