レポートで本や文献を上手に要約できる書き方のコツ

レポート

レポートの書き方として要約は大切となる

Crayons 327753 1280

レポートが課題で出る時には、形式がいろいろあります。大学や会社などの場所が違えば、それだけ様々なものがあるものです。作成したレポートの多くは、研究成果をまとめて書いてある文章となっています。その研究内容を、いかに分かりやすく他者に報告するために、要約を書く必要が出てくるのです。要約の書き方を考えた時に盛り込んで欲しい情報がいくつかあります。

要約で書く内容にはその研究対象への「考え」「問題点」「具体例」など

要約の書き方をどのように書いたら良いのかを考えた時に、ほしい情報とは一体何でしょうか?・レポートのテーマや、扱う問題の説明を具体例を挙げて書きましょう。

・従来の研究が不十分、もしくは間違っているという根拠。

・従来の研究に代わる筆者の分析と主張。

・筆者の分析と主張を支える根拠、そして証拠、具体例

本の要約をする際には小説の裏表紙を参考にしよう

レポートを書く時に1冊の本の内容を数行に要約したい場合には、まず本の裏表紙を確認しましょう。どうして本の裏表紙を見るのかと言いますと、そこには内容紹介が記載されている場合が多いからです。本の裏表紙には本を少しでも端的に知ってもらうために特に書き方に工夫してあることが多く、誰でも本が読みたくなるように要約した文章が記載されているものなので、必ずチェックしましょう。

目次を参考にすると要約がしやすい

レポートで本の要約をする場合に、本の内容がすぐに分かるためには目次と、各章のタイトルを読みましょう。章のタイトルの書き方が、本のタイトルと似ている章ほど、著者が最も伝えたいことがある内容となっている章なのです。本の要約を書く場合にすべてを読むのは少し大変なので、核心に触れているところを重点的に読んで要約しましょう。

要約のコツとして不要なところを可能な限り削る

レポートに書いてある章や段落を数行にする時は、1冊の本を紹介するような要約の方法とは違い、文章の必要になる分部と不必要な分部を見極めることが大切になります。不必要な文章だと感じた分部を削っていくことで、必要な分部だけを残す書き方をすると、とても簡単に核心に近づけることが出来るので実践してみましょう。

レポートの要約は簡単な書き方がおすすめ

レポートを書く時に、いろいろな文献を調べることも多いものです。そして難しい表現をしているものでも文献をそのまま書くことは簡単でしょう。表現自体が難しい文献の内容でもそのまま書く人も多いです。しかし、それだとレポートが文献の書き写しになるため、文章の切り貼りで、張り合わせて要約をすることが大切です。要約の書き方を考える時にどんな方法なら簡単に要約できるか考えて書くことが大切です。

本や文献を象徴する図やグラフをみつけよう

要約の際に重要なのは必ずしも文章とは限りません。特に文献の場合、作者が意図したメッセージが2,3の図やグラフを通して示されていることがあります。文献全体を網羅的に文章で要約することより、一番重要なメッセージを図やグラフをトリミングして伝えることも一つのテクニックです。ビジネス関係の雑誌の特集記事を見てみると参考になるはずです。

レポートの要約の書き方として文の要点をおさえながら不要なところを削ろう

レポートの要約をする場合の書き方には、本の要約をする場合と、レポートを要約する場合があります。本の要約をする場合には、本の裏表紙や、目次を確認しましょう。その分部には、すでに要約されたものが記載されている場合が多いからです。そして、レポート全体の要約をする場合には、要らない部分を削っていくと残りが要約となります。大切な分部だけを残す要約の書き方はとても簡単です。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2017年10月10日ビジネス