工場見学のレポート作成の知っておくべきコツ

2016年11月29日レポート, 工場見学

社会人の工場見学は新人研修の一環として活用される

Document 428334 640

社会人にとっての工場見学は、当然学生時代の工場見学とは位置づけが変わってきます。社会人にとっての工場見学は、新人の時期は仕事などにおいて実際に商品が作られているところを見学することで会社のシステムを理解する、入社後期間が経っての工場見学は仕事における市場開拓の可能性など多角的な見地からの分析がメインとなります。

社会人の工場見学はレポートが必須

社会人になってからの工場見学はレポートの作成が求められます。見学したことが自分の今後の業務に対してどのような影響を及ぼすのか、自社の業務展開をどのようにしてゆくべきかなどを分析するためにも、工場見学後の分析およびレポートの作成は必須となってくるといえるでしょう。

工場見学のレポート作成のコツ①:概要をレポートの冒頭に記載

それでは1つ目の工場見学のレポート作成のコツを見ていきましょう。レポートを作成する際には、どんな工場に見学に行ったのかということを、最初に頭に持って来る必要があります。工場の規模、竣工年月日、延べ面積、就業人員、生産品目、生産量などといった基本事項は、レポートの最初にまとめて作成しましょう。これを行うことで、工場見学に行った先のことを明確にイメージできるレポートが作成できます。

概要は箇条書きで記載すると見やすくなる

通常のレポートでは結論を頭に持って来るのが最も分かりやすい形式だと言えますが、工場見学のレポート作成の場合には、まず見聞きした事実をきちんと羅列する必要があるでしょう。こんな工場を見学しましたよ、ということを具体的にすることも工場見学レポート作成には必要なので、生産ラインの特徴も冗長にならない程度に細かく書いておきましょう。

工場見学のレポート作成のコツ②:聞き取りを行いその内容を盛り込む

社会人の工場見学は学生時代の工場見学のように、外側から工場を見ているだけでは全く内容のない見学になってしまいます。ですから、工場担当者に対して積極的な聞き取りを行いその内容をレポートに盛り込んで作成しましょう。

聞き取りを盛り込むことでレポートに臨場感を持たせることができる

そして、聞き取りを行った内容をレポートに詳細に反映するようにすると、よりレポート自体のクオリティも上がっていくと言えますね。工場見学レポートにおいては、他社と比べた自社の優位性など「比較」の視点が重要になって来ると思います。自社の良い点だけではなく、自社が改善すべき点なども臆することなく盛り込んでゆくと、より「比較」の視点が強く出たレポートになると思いますから、レポートのクオリティはさらに上がることでしょう。しっかりと「比較」の目線で見学したいですね。

工場見学のレポート作成のコツは概要を冒頭に記載することと聞き取りを行うこと

ここまで、工場見学のレポート作成のコツを紹介してきました。前述したように、工場見学のレポートは「比較」の視点をきちんと持つことで内容のあるものになると言えます。ただ単に事実を羅列するだけであれば誰でも出来ますので、社員として、多角的な分析を行ったということをレポートに反映しないと、何のために工場見学に行ったのか分からなくなってしまいますね。業界の現状を把握するためにも、手を抜かずに行いましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. DYM就職:第二新卒・既卒・フリーター・ニートの就職に強い

    サービス満足度90%!優良取扱企業2500社、エージェントが就職できるまで二人三脚!今からでも正社員としての就活が間に合います。

  3. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

2016年11月29日ビジネス

Posted by BiZPARK