現状調査レポートの書き方

レポート

商品開発などマーケティングを行う際に現状調査レポートは必要

Workplace 828692 1280

マーケティングや市場調査を行う仕事に就いている場合、上司に現状調査レポートや現状報告を求められる場合があるでしょう。そういったとき、どのような書き方で提出すればいいのでしょうか。

現状調査レポートでは現況と今後の課題についても明記する

現状調査レポートの書き方としては、現況調べられている結果と、今後の取り組み方や課題について記載すべきです。また、報告する際には、分かっている範囲できちんと数値化するようにしましょう。その他、現状調査レポートの書き方として押さえておくべき事項は以下の通りです。

・調査理由

・分析方法

・現況報告

・今後の課題

・所見

現状調査のレポートによりミスが減らせる可能性もある

現状調査のレポートを提出し、周囲の意見を聞くことで、自分の調査の誤りや更に細かい分析方法を見いだせる可能性もあります。そのため、現状調査のレポートは面倒くさがらずにきちんと作成すべきです。

現状調査レポートを作成する際は必要な事項を抑えた書き方をしよう

現状調査レポートの書き方についてご紹介してきました。トータルの結果ではなく、あくまで現状を報告するレポートです。しかし、そのレポートの作成により自分のミスを早く気づくことができたり、新たな課題が見つかったりするかもしれません。また、上司が目を通すものでもあるため、ここでご紹介した書き方を参考にしながら、しっかりと取り組んでみてください。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年12月14日ビジネス