レポートにおける考察の書き方のポイント

レポート

レポートの考察は重要な役割を持っている

Fountain pens 865998 640

社会人のレポートには考察が不可欠で、そのためには文章構成に則った書き方をしなければなりません。そのため、レポート全体を「結論」「内容」「考察」という3ブロックに分けられるよう、文章を構成する必要があります。自分なりの結論を明示した上で、その結論に至るまでの経緯を内容にまとめ、レポートの考察の書き方を守れるように意識しましょう。

結論に照応させたレポートの考察の書き方を心掛けよう

レポートにおける考察には、結果からあなたが更に考えた内容を盛り込まなければなりません。結論を書いた内容が、考察の中で初めて理解できるようにすることが、評価アップのための書き方のポイントとなります。この内容の書き分けができるかどうかで、論理的思考や文章構成力のレベルがわかります。

レポートにおける考察の書き方のポイント①:客観的な視点から書く

1つ目のポイントを紹介していきます。新入社員研修後のレポートなどでは、考察が求められますが、感想とは異なるため、その書き方に苦労する人も少なくないようです。「新入社員研修でいろいろな勉強ができ、大変勉強になった」「講師にほめてもらえたので、嬉しかった」というのは、考察ではなく感想です。レポートの考察の書き方をきちんと理解して書かなければ、評価は下がります。

資料や文献を使って情報を集めよう

レポートにおける考察とは、与えられたテーマに対して、資料や文献などを調べたりしながら、論理的な考えや主張を述べることをいいます。そのため書き方も、「自分の課題が○○であり、その原因は××である」と、客観性を持ったものでなければいけません。つまり、レポートの考察の書き方で、自分の感想を入れるのはNGだということです。

レポートにおける考察の書き方のポイント②:論理的思考を意識する

2つ目のポイントは、レポートにおける考察を書くときには、論理的思考を意識しましょう。どういった結果から何を考え、これからどう実行・改善いていくのかを明確に論理的に盛り込むのがポイントです。また、レポートの考察の書き方を論理的に行うメリットもあります。それは次に見ていきましょう。

論理的思考は会社からの評価対象に

企業が新入社員にレポートを提出させるのには、理由があります。個々のレポートを読むことで、論理的思考力や文章能力、社外文書作成のスキルなどをはかることができるからです。レポートの考察の書き方を見れば、課題の見つけ方から結論に至る経緯、どんな考えを持っているのかが、上司にはよくわかるのです。レポートの考察の書き方をマスターすることで、ライバルに差をつけることができるのです。

レポートにおける考察の書き方のポイントは客観的な視点から論理的に記述すること

レポートにおける考察の書き方のポイントをここまで紹介してきました。そのポイントはまとめタイトルでも述べたように、客観的な視点から論理的に記述することです。論理的に、記述することで、将来のキャリアアップにもつながる可能性があります。この記事で紹介したポイントをしっかり理解して実践しましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日ビジネス