ケースレポートで看護をテーマにする場合の書き方のポイント

ケースレポート, 看護

看護のケースレポート作成の流れを掴もう

Hospital 928654 960 720

看護のケースレポートでは、患者の状態と周りの環境を評価し、その上で問題提議をして問題解決への優先順位を決め、それに基づいて目標を設定します。その目標を達成するためにプログラムを考えましょう。ケースレポートの書き方を把握せずに進めても、充実した内容の看護のケースレポートを作成することはできません。準備を整えてからケースレポートを書き始めましょう。

ケースレポートはプログラム後の状態を入れた書き方に

ケースレポートのプログラムを実行し、その後にどのような変化が見られたのかを書きましょう。看護のケースレポートの作成は、プログラムの実行と並行して行います。体力面と精神面、病状に見られた変化を書きます。また、問題提議の段階で十分な問題を予測することができていなければ、十分な結果が得られなくなる恐れがあります。

ケースレポートの書き方のポイント①:文献を参考にする

ケースレポートにおいて考察を書く際には、文献に書かれた内容を参考にしましょう。文献に、「○○さんの場合は、○○をしたことで○○の状態へと変化した。」というような情報が記載されていれば、ケースレポートの対象となる患者の状態と比較しましょう。ケースレポートの書き方がわからないという人が多いですが、こういった比較の方法がわからないということが多いです。

ケースレポート内で無関係な内容を書かないように注意

看護のケースレポートの書き方の基本は、テーマと無関係なことを書かないということです。無関係なことを書くことで、何をテーマに書いているのかわからなくなる恐れがあります。ケースレポートの書き方の基本を抑えておいて、正しく作成しましょう。また、ケースレポートを進める上での自分の心境の変化や、新しく得られた情報などはケースレポートに書くのではなく、別に自分用のレポートに書きましょう。

ケースレポートの書き方のポイント②:最初に概要から載せる

ケースレポートの基本的な書き方は、最初に「はじめに」という項目を設定し、その内容に準じて内容を構成していく書き方です。「はじめに」の項目で、どのような問題を提議し、それに応じてどのようなプログラムを実行したのかを書きましょう。「はじめに」の項目でケースレポートの内容をまとめてくことで、それを確認しながらケースレポートを書いていけるため、無関係の内容を書いてしまうのを防げます。

ケースレポートの最後に残された課題を書く

看護のケースレポートの書き方は、プログラムを終えた段階でどのような課題が残されているのかを考え、それを最後に書くというものです。残された課題を把握しておくことで、次に担当する看護師が適切なプログラムを立てて実行できるようになります。ケースレポートは、今後の患者と看護師のために残すものなので、内容を充実させましょう。

わかりやすい看護のケースレポートは順序良くポイントをまとめた書き方に

看護のケースレポートは、患者と周りの環境を評価し、その状態で起こりうる問題を定義し、それに優先順位を決めた上でプログラムを立てていくという内容にしましょう。この基本的な書き方を守り、プログラムを実行した結果、どのような変化が見られたのかを書きます。看護のケースレポートは、テーマに沿って書きましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日ビジネス