ファッションとして私服にネクタイを合わせるコツ

ファッション

ネクタイを私服に取り入れればオシャレ度が上がる

Hands 375260 640

ネクタイはビジネスマンというイメージが強いアイテムのひとつですが、カジュアル寄りの服装にも合わせられます。トップスは襟付きのシャツを着ることが前提条件にはなりますが、それ以外は普通の私服でかまわないのです。ボトムスも普通にチノパンやカーゴパンツでかまいませんし、明らかに合わないと思われる組み合わせを避ければ問題ありません。ネクタイを私服に取り入れればオシャレ度が上がること間違いなしです。

海外では私服にネクタイを合わせる人が多い

私服にネクタイを合わせるファッションのことをイタリアでは「タイドアップ」といい、オシャレな私服の着こなし方のひとつとして数えられます。オシャレな人はこのタイドアップを使いこなす人が多く、私服の中に自然とネクタイを組みこんだ服装をしている人も多くいます。ネクタイをすることでカジュアルの中にスマートな格好良さを出すことができるのです。それでは、ファッションとして私服にネクタイを合わせるコツを紹介していきあます。

年配の人もネクタイを締めればビジネスカジュアルに

タイドアップは年配の方であっても可能なオシャレの仕方となります。休日などのゴルフにも合ったコーディネートとなるため、そのまま休日ファッションとして扱うこともできるものなのです。私服なため仕事着のスーツよりは気軽に着られるのに、普段着けるネクタイをそのままファッションに取り入れることができるのです。スーツに近い感覚でビジネスカジュアルを楽しみましょう。

私服にネクタイを合わせるコツ①:ボトムスにはデニムを選ぶ

以外に思うかもしれませんが、デニム生地にもネクタイは合います。普通にデニムシャツにネクタイを締めてもいいですし、ジーンズなどを履きながらネクタイをしてもいいのです。ポイントとしてはネクタイをカジュアル寄りのもの、例えば綿で作られたニットタイを選ぶことや、スクエアタイなどのデザインを選ぶことで、まとまったカジュアルファッションにすることができます。

パーカーやカーディガンを合わせれば一層オシャレに

ジーンズなどでタイドアップをする場合は、ネクタイを着けたシャツの上に着るアウターも合わせることが大切です。そうすることでファッションをまとめることができるからです。更にオシャレ度を上げるならパーカーやカーディガンでもいいですし、ちょっと大人にベストなどでもいいでしょう。オシャレなタイドアップを目指しましょう。

私服にネクタイを合わせるコツ②:フォーマルなジャケットやコートを選ぶ

若者向けカジュアルほどではないタイドアップ、というものもあります。アウターをジャケットやコートにすることで、大人なカジュアルを簡単に楽しむことができるのです。それでは、このファッションとして私服にネクタイを合わせるコツをもう少し詳しく見ていきましょう。

デニムジャケットやダブルジャケットもおすすめ

ネクタイと合わせるのは正統派なジャケットやコートがいいでしょう。また、デニムジャケットやダブルジャケットなどにネクタイとジーンズなどを組み合わせも大人な雰囲気が作れます。

ファッションとして私服にネクタイを合わせるコツはボトムスをデニムにしてアウターはフォーマルに

ファッションとして私服にネクタイを合わせるコツを見てきました。ネクタイはスーツのアクセントとして使えるアイテムですが、タイドアップにおいても同じように服装のアクセントとして扱うことができるものになります。そしてそれは、ネクタイを多く持っているからこそ選択肢が増えるファッションだということにもなります。普段スーツを着ているビジネスマンだからこそしやすいファッション、タイドアップをしてみましょう。

あわせて読みたい特集記事

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日ビジネス