万歳三唱の挨拶のルールについて

2016年12月7日挨拶

万歳三唱の挨拶はおめでたい時や嬉しい時に使われる

Shadow play 3309 640

万歳三唱の挨拶は、普段の飲み会で別の挨拶をしている方はなじみがないかと思います。

万歳三唱の挨拶は両手を三回上げる動作をするもので、おめでたいときや嬉しいとき、長く続くことを祈るときなどに使います。

万歳三唱の挨拶は一人の語り手が行うルール

万歳三唱の挨拶は、複数人が舞台に上がり挨拶するような応援の形とは違い、一人の語り手に対して残りのものが後に続く形で「万歳」を行うことが一般的なようです。全員で同じ動作をすることによってその場での一体感が生まれます。

新年会や歓迎会などで万歳三唱は行われる

新年会や忘年会歓送迎会などの特別な集まりのときに、万歳三唱のあいさつが行われます。飲み会では初めの挨拶や終わりの挨拶で万歳三唱は使われます。部署の飲み会なら部長、課の飲み会なら課長と代表者が音頭をとることが多いそうです。

結婚式の披露宴で一度は見たことがある万歳三唱の挨拶

結婚式の披露宴で万歳三唱が行われるか否かは世代や地域によるそうです。最近は洋式の結婚式も多いので式でやるより、二次会でやることの方が多いかもしれません。昔は新婚旅行に出かける夫婦を送り出すとき、空港ですることもあったそうです。

万歳三唱をやるのは役職の高い人が多い

万歳三唱のやり方は、ローカルルールや社内ルールもあるみたいですが、ここではスタンダードなやり方を紹介したいと思います。一番、最初に音頭をとる人を決めておきます。このときのポイントは元気のいい人や普段から目立っている人がいいでしょう。幹事である自分が行ってもいいですし、一番地位の高い人に頼んでもいいでしょう。

万歳三唱の挨拶で必要なのは全員の息の合った「万歳」

全員が起立した後に音頭をとる方が「万歳」と手を上げます。上げた手は基本的に手を外側に向けることがルールです。(内側を向けるのが本来のやり方という説があります。しかし、多くの人が外側を向けて行っているのが現状です。)後はこれを三回繰り返すだけです。

万歳三唱の挨拶は挨拶人の選出と息の合った手の動きが大事

万歳三唱の挨拶のルールを知っておくべきです。万歳三唱の挨拶人を選出する際は、役職の高い人から声をかけたり、全員の息のあった「万歳」をするために手を外側に向け3回繰り返す等のルールを覚えておくことで、おめでたいことを祝いましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. DYM就職:第二新卒・既卒・フリーター・ニートの就職に強い

    サービス満足度90%!優良取扱企業2500社、エージェントが就職できるまで二人三脚!今からでも正社員としての就活が間に合います。

  3. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

2016年12月7日ビジネス

Posted by BiZPARK