健康診断における「要精密検査」と「要再検査」の通知とは

健康診断, 要再検査, 要精密検査

健康診断は身体状態の変化を確認する為におこなう

Woman 200311 1280

健康診断で分かることについてご紹介します。それは「体に起きている変化」というものです。身長や体重など、日々の生活で変動するものから、血圧・血液など年齢によって変化するものまでさまざまあります。一般的な数値を見比べる中で、大きな変動が無ければほぼ問題はありません。しかし、たった1年という期間で大きな変化があった場合、何らかの病気を疑ってもよいでしょう。

変化に異常があった際に「要精密検査」や「要再検査」の通知がある

健康診断にて異常な数値を見つけた場合、病気の原因を探るためには人間ドックなどの検査を受けるのがよいでしょう。最近では健康診断の中に人間ドックのスケジュールを組む会社も増えてきていることから、より受けやすい環境になりつつあります。また変化自体に異常値があった場合、要精密検査や要再検査の通知が勧告されることもあります。

健康診断の「要精密検査」は詳細を調べる必要がある時に通知される

健康診断における要精密検査とは、当日の検査では判断に困るような病気について、より高度な機械を用いて調べる事を通知するものです。安易に「大丈夫」というのではなく、医師として「しっかりと調べるべき」という判断をした場合に通知されます。当然ながら、何らかの病気を持っている可能性も高まるため、通知通りにしっかりと検査をしましょう。

精密検査で病気かどうか判断できる

要精密検査と通知された場合、病気であるかどうかは、その場では確実とはいえません。ただし、そのまま放っておく事は危険、という判断から、健康診断とは別に検査を受けて欲しいというものになります。疑わしい事は専門医などに依頼し、精密検査で調べることが大切です。病は気から、という言葉通り、不安な気持ちをまず無くす事が重要と言えるでしょう。

健康診断の「要再検査」は改めて受診した方が良い場合に通知される

先ほどの要精密検査と同じく、健康診断で通知される要再検査とはどんなものかをご紹介します。こちらも健康診断の中で判断に困る結果が出た場合、改めて検査をしてもらう、という通知です。何らかの問題点があった場合のほか、検査に影響がある行動をすると、この判断を下されます。例えば、体内にアルコールが残っている場合や、朝食を食べてしまった場合などが挙げられます。

再検査と精密検査は検査内容に違いがある

要再検査も要精密検査も、どちらも後日検査を行うものですが、それぞれの違いは「検査の内容」というものです。要再検査と通知があった際には、健康診断と同じような形で検査を行えばよい場合が多いと言えます。しかし、要精密検査の場合、健康診断の検査だけでは調べきれない部分が多く、別の方法で検査をしなければいけないと言えるでしょう。

健康診断の「要精密検査」と「要再検査」は詳細を調べたり改めて受診する必要がある場合に通知される

健康診断における「要精密検査」と「要再検査」の通知についてご紹介いたしました。健康診断にて要精密検査と言われた場合には、間を空けずにすぐ検査を行うようにしましょう。健康診断が終わったのに、また病院にいくのが億劫、という気持ちは分からなくもないですが、甘い気持ちが大きな病気の引き金にもなりかねません。正常という結果とは違い、精密検査をしなければいけない、という言葉には、どんな意味があるのかをよく理解してこうどうしましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2017年1月16日ビジネス