歓迎会の挨拶で入社する転職者が話すべき内容と例文

2016年12月8日飲み会

転職者と新卒社員では歓迎会で話す挨拶の内容が異なる

Restaurant 690975 640

歓迎会の挨拶で何を話すかですが、新卒社員と転職者とでは、挨拶の内容が異なります。

両者の違いですが、転職者には前職がありますが、新卒社員にはありません。転職者の場合はスピーチ内容に、前職でどんな仕事をしていて今度の仕事でどう生かすのかを盛り込むことができるでしょう。今後の仕事に活かすアピール材料として使ってください。

転職者が歓迎会で行う挨拶には社会人らしさが求められる

歓迎会の挨拶で、新卒社員はフレッシュさを出すことができますが、転職者の場合は前職という経験がありますから、ある程度社会人の経験があるものとしての扱いになります。

新卒社員の場合は、多少のマナー不足は多めに見てもらえるでしょうが、転職者の場合はそうはいきません。どちらも新人という点では同じですが、転職者には即戦力を期待されることがあります。それでは、歓迎会で行う挨拶の例文を見ていきましょう。

転職者が歓迎会で行う挨拶の例文①

それでは、例文を見ていきましょう。転職者が行う歓迎会の挨拶の例文としては

「ただいま、ご紹介にあずかりました○○と申します。本日は私のために、このような歓迎会を開いていただきありがとうございます。私の前職は○○職で、今の仕事とはまったく畑違いの部署で働いておりました。経験のない仕事で何かとご迷惑をおかけすることもあるかと思いますが、ご指導のほどよろしくお願い致します。」

のようなものがあげられます。

未経験の転職者は謙虚さを心掛けよう

社会人としての経験は積んでいたとしても、今度の仕事に関してはまったくの未経験ということであれば、一から仕事を教わらなくてはなりませんから、歓迎会挨拶も謙虚な姿勢で臨みたいものです。

ほかにも、歓迎会挨拶の中に趣味や出身地などの紹介を入れてスピーチするのもいいでしょう。気さくな感じで話をして、一日も早く会社の雰囲気になじんでください。それでは、次の例文を見ていきましょう。

転職者が歓迎会で行う挨拶の例文②

転職者が歓迎会で行う挨拶として、次に紹介する例文はこちらです。

「本日は、私のために歓迎会を開催していただき、ありがとうございます。前職は○○職で、○○という部署に勤めていました。これまでの経験を活かし、一日も早くこの会社に貢献できるようにがんばります。まだまだ未熟者ではありますが、今後とも先輩方にはご指導をお願い致します。」

Feedback 796135 1280

経験があっても高を括らないこと!

同じ転職者でも、前職も同じ職種でそれなりの経験を積んでいる場合は、即戦力として会社に迎え入れられていることでしょう。ただ、仕事内容にそれほど差はないと言っても、新入りですから、仕事は低姿勢で教えてもらった方がよさそうです。上司が自分より年下の場合でも、年齢にとらわれないようにしてくださいね。

転職者は歓迎会で社会人らしい内容の挨拶を求められる!例文を参考に謙虚な姿勢で

いかがでしたか?ここまで、歓迎会挨拶で転職者が話すべき内容と例文を紹介してきました。

歓迎会挨拶の例文と言っても、未経験者と経験のある転職者とでは状況が異なります。前者はまったくの新人扱いとなる場合がありますが、後者の場合は、即戦力として期待されます。歓迎会挨拶は、その後の会話の前フリ程度に考えておいた方がいいかもしれません。未経験者と経験のある転職者の例文を参考にして、新しい職場に一日も早くなじんでくださいね。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. DYM就職:第二新卒・既卒・フリーター・ニートの就職に強い

    サービス満足度90%!優良取扱企業2500社、エージェントが就職できるまで二人三脚!今からでも正社員としての就活が間に合います。

  3. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

2016年12月8日ビジネス

Posted by BiZPARK