仕事納めで労う気持ちが伝わる乾杯の音頭や締めの挨拶

乾杯, 飲み会

乾杯の挨拶はねぎらい

仕事納めの乾杯の音頭や挨拶の内容は、人それぞれ色々と有りますが、何といっても仕事を一生懸命した1年の締めくくりですから、必ずねぎらいの言葉を入れましょう。年末の疲れがいっぺんに取れるようなねぎらいの言葉です。

具体的なねぎらいの言葉

ねぎらいの言葉は、「年末の忙しい時にお集まりくださって、ありがとうございます。」という感謝の言葉、「皆様のご苦労のお陰で業績が上がり、この会を持つことができました。」と更に感謝し、「楽しいひと時をお過ごしください」とねぎらいの流れを作ります。

乾杯・挨拶のネタについて

仕事納めの乾杯・挨拶のネタとしては、一年の締めくくりでもあるし来年の希望も込めて、今年の干支と来年の干支を上手く組み合わせてスピーチすると流れが作れます。出来れば笑いをさそうような内容がリラックスできて良いです。

会社の一年を振り返り干支をからめる

ただ単に干支の話だけではなく、会社の一年を振り返り、干支と会社の一年の出来事をからめた話を作り上げることが出来れば良いネタになります。それが、社員のねぎらいやこれからの希望に繋がるようにしなければなりません。

新入社員の仕事納め挨拶

新入社員の場合、仕事納めの挨拶にはそれなりのマナーが有ります。上司や先輩社員が一堂に会する場ですから、一度にまとめて感謝するには絶好の機会です。とにかく、ほとんど周りの全員の人に感謝すべき立場ですからこのチャンスを逃す手はありません。

節度のある挨拶をする

お世話になった人に挨拶をするのですが、相手に自分一人だけに時間を取らせないようにします。相手には、自分以外の人も挨拶に訪れます。自分の方が先に挨拶に訪れていたとしても、新人の場合は挨拶の順番を譲る姿勢を見せます。

仕事納めの乾杯・挨拶の仕方に関するまとめ

仕事納めの乾杯・挨拶の仕方は、まず必ず一年のご苦労に対してねぎらいの言葉を入れ、ネタとしては今年の干支と来年の干支を会社の一年を振り返った事とからめる、そして、新入社員のマナーとしては相手に自分だけに多くの時間を取らせない事です。

完売だけでなく締めや中締めの挨拶も重要!

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年12月9日ビジネス