国家公務員の転勤における内示時期・赴任期間・心得

国家公務員, 転勤

転勤の1~2週間前に内示が出る

Karenda

転勤を言い渡される前には、必ず内示が行われますが、この内示は実はかなりギリギリに設定されており、多くの場合は1~2週間前に突然内示されるというケースが多いようです。もし、転勤となった場合には、その報告を受けてから1~2週間という短い期間の間に引越しの準備などを進めていかなければならないということです。

国家公務員は内示の前に準備するぐらいの心構えで

このように、国家公務員は、転勤によって全国を飛び回るということも少なくありません。突然内示を受けて他県へ行くことになる、ということもありますから、その時期が近付いてきたら、転勤と言われてもすぐに動けるように、あらかじめ準備をしておくことも大切です。とくに、何度も転勤をしているような場合には、それを踏まえて物件探しをする必要もあるでしょう。

国家公務員の転勤では赴任期間は約3年

国家公務員の赴任期間はどれくらいなのでしょうか。これは、職員によっても違いがありますが、一般的な赴任期間は約3年と言われています。つまり、転勤などを言い渡されてから赴任期間であるこの3年が経過してしまうと、その後は元の場所にまた戻るか、そのまま同じ場所に在籍となるのか、あるいはまた別のところに配属されるのかのどれかになります。

赴任期間は職種によって異なる

赴任期間は約3年と書きましたが、職種によっても大きく変わってくるものです。赴任期間が1年というところもあれば、5年の赴任期間というところもあります。もし、転勤を言い渡されることになった場合には、その赴任期間が何年になるのかをあらかじめ訊いておくことが大事でしょう。とくに家族がいる場合などには、何年間転勤となるのかを把握しておく必要があります。

国家公務員は転勤の回数も多い

ここまで紹介したように、国家公務員は転勤によってあちこちを転々とするということもよくあるものです。その赴任期間の間に仕事が慣れてきたとしても、また次の場所へ異動になるといったこともありますから、その心づもりで常に準備をしておくことが大切です。結婚を考えている場合には、その旨を先に伝えておくようにしましょう。

地元公務員など転勤のない国家公務員もある

転勤が多いと言われる国家公務員ですが、どんな職員でも転勤が多いというわけではありません。中にはほとんど転勤がないとされている職種もあるのです。たとえば、地元公務員の場合にはほとんど転勤はありません。市や県を管理する場所に勤めることになるので、県外へ転勤になるといったことがないのです。できれば地元でずっと働いていたいといった場合には、こうした職種を選ぶのも良いでしょう。

国家公務員の転勤は突然なので早めに準備をして約3年の赴任期間に備えよう

国家公務員の転勤における赴任期間は3年のことが多いでしょう。しかし、職種によって転勤の有無や、赴任期間にも差があります。その中で、自分が転勤をしたくないのか、しても良いけど赴任期間が短い方が良い、あるいは長い方が良いのかなどによっても、どういった職種を選ぶべきか変わってくるでしょう。転勤の多い国家公務員として働く場合は、転勤がある時期が近くなったら、内示が出る前から準備しておくくらいの心構えがよいかもしれません。

こちらもあわせて読みたい!

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日転職