新入社員が周りに差をつける・成長するためにやるべきこと

2016年11月29日新入社員, 自己分析

新入社員が成長するためにやるべきこと

Businessmen 42691 640

新入社員として入社すると周りには同じように新入社員がたくさんいます。その新入社員は仲間でもありライバルでもあります。

そんな数多くいる新入社員が周りに差をつけるためにやるべき事を絶対やったほうがいい事がありますので、まずはそこに関してみていきましょう。

新入社員が急成長できる原則とは

新入社員が成長して差をつける為にやるべき事などを紹介してきました。

その中で、新入社員が急成長する為にはその原則を知る事も大切ですので、次はその新入社員が急成長できる原則について、みていきましょう。

新入社員が急成長できる原則①:頼まれたことはかならずやりきる

新入社員であればすべての仕事を完璧にこなせるわけがないですし、質のいい仕事なんてのもまだできないはずです。大事なのは、催促される前に全部やりきる事です。

新入社員は最後までやりきる姿勢を示すことで、信頼を得ることができます。次第に大きな仕事を任せられるようになりますので、とりあえずなんでもやりきりましょう。

Business 819287 640

新入社員が急成長できる原則②:とにかくスピードを意識

新入社員が急成長できる原則として、早く数多くの仕事をこなせるようになる、というポイントがあります。

新入社員の多くは、完璧の状態にしてから、上司に提出しようとしがちですが、入社してまもなくは、基本的な事しか理解できないでしょう。

まずは、50点の状態で上司に提出し、指摘をもらい、アップグレードしていけばいいのです。方向性が違っていても、早期に修正ができるので、仕事の知識も深めていけます。

新入社員が急成長できる原則③:つまらない仕事はないと思う

新入社員が急成長できる原則として、つまらない仕事はないと思うことは非常に大切です。どんな仕事でも学べるものがあるという事知っておきましょう。

例えば、コピー取りなどを任されたとき、単調な作業ですが、その資料を全部読んでみると、ビッグプロジェクトの動きが見えたり、取引先の真の姿などを垣間見ることができるはずです。

新入社員が成長して差をつけるために身につけること

では、最後に新入社員が成長して差をつけるために身につけることを紹介していきますが、新入社員はずっと続くわけではありません。

何を覚えて、何を身につけるかでその先は変わってくるはずです。

では成長するために身につけるべきこととはどんなものでしょうか?

新入社員は当たり前のレベルを上げて成長する

Business 839788 640

新入社員が成長するためにやるべきことは、当たり前のレベルを上げることです。当たり前を目指し、常に挑戦していく姿勢こそが、成長していくポイントです。

普段から一つひとつの業務の当たり前のレベルを少し上げる、その積み重ねの結果が、大きな差となることは言わなくても結果としてすぐに表れるものです。

新入社員時代の差をつける・成長するための行動がその後の仕事に影響する

新入社員が周りに差をつけるため、成長するためにやるべきことについて説明しました。

新入社員のうちは覚えることがたくさんありますが、新入社員のころは先輩や上司も気にかけてくれて大きな成長ができる期間です。

少しずつ積み上げていくことで成長の差は確実に出てきます。

誰よりも早く成長するために、新入社員のうちにやるべきことをやっておくべきですし、新入社員時代の取り組み方が今後の仕事にも影響してきます。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. DYM就職:第二新卒・既卒・フリーター・ニートの就職に強い

    サービス満足度90%!優良取扱企業2500社、エージェントが就職できるまで二人三脚!今からでも正社員としての就活が間に合います。

  3. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

2016年11月29日ビジネス

Posted by BiZPARK