看護師が現場で求められるリーダーシップとは

2017年7月6日看護師

看護師は緊急性の高い仕事なのでリーダージップは不可欠

A0001 009738

昨今様々な業界で求められるリーダーシップのある人材。会社員はもちろん、専門の分野を学んだ複数人が緊急性の高い仕事をこなす職の現場でもリーダーシップは必要となってきています。特に看護師は毎日命を扱う緊急性の高い仕事ですのでリーダージップは不可欠です。リーダーシップとは文字どおりリーダーになって複数人の人を引っ張り職務を遂行することをいいます。

現場の皆がリーダーシップを持つことで効率化と負担軽減

リーダーとなる人物には全体を把握する能力、職務のゴールを判断する能力、全体の意思決定をし、指示を出す能力などが求められます。もちろんリーダーシップはなにもリーダーとなる人物だけが身につければいいものではありません。現場の人間皆がリーダーシップを身につけていれば職務の遂行能力も上がりますし、リーダーの負担も減ります。ぜひリーダーシップを身につけてください。

看護現場で求められるリーダーシップは「伝達」「管理」「指導」

看護現場で求められるリーダーシップとは具体的にどのようなものでしょうか。それは伝達能力、管理能力、指導力です。看護師が働く病院では多くのスタッフが自分の専門を持って働いています。大きな病院になれば病棟の数も増えそれだけ緊急時に伝達しなければならない相手が増えるでしょう。看護現場は緊急性の高い現場です。一つの案件を具体的に素早く他者に伝える伝達能力が必要でしょう。

正しい指導をすることで病院全体の助けとなる

また病院の仕事が数多くありとても一人でできるものではありません。一つ一つの仕事、一人一人の患者を把握、適材適所にあったスタッフを配置する管理能力も不可欠です。さらに病院では経験の浅いスタッフを指導する機会も多いでしょう。正しくわかりやすい指導をすることによってあなたや病院全体の仕事の助けとなります。伝達力、管理力、指導力この三つが看護現場では必要とされているリーダーシップです。

看護師は身近にいるできるリーダーを観察しよう

看護現場で必要とされているリーダーシップを身につけるにはどうすればいいのでしょうか。リーダーシップはリーダーになってからでないと身につかないというわけではありません。あなたの身近にいるできるリーダーをまずは観察してみましょう。そのリーダーがどのように伝えているか、考えて管理しているか、指導しているかよく観察して考えてみてください。そして真似できるところは真似していきましょう。

周りの状況を覚えて把握し理解することが大事

リーダーシップは急に身につくものではありません。普段から意識して置くとこが大事なのです。また管理能力をつけるためにはまずは周りの状況を全てを、覚えて把握すること、伝達能力を上げるためにはその時の状況を把握し重要な情報を理解することが大事です。これらの能力は普段自分がその役でない時から意識しておけば訓練することができます。

看護師が現場で求められるリーダーシップとは「伝達力」「管理力」「指導力」を身につけること

伝達力、管理力、指導力を身につけることによってあなたの看護師としてのスキルは必ず上がるでしょう。たとえすぐにリーダーに抜擢されなかったとしてもリーダーシップを身につけ、リーダーの助けができるようになったあなたの仕事は必ず評価されます。緊急性が高く命を扱う看護の現場だからこそのリーダーシップをぜひ身につけてください。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2017年7月6日ビジネス

Posted by BiZPARK