入社前の新入社員研修を欠席できる可能性

2016年12月21日新人研修, 欠席

入社前の研修なら欠席しても法的に問題はない

F3f96f8283979780

内定すると、入社前の段階で研修をおこなう会社もあります。しかし、入社前の研修であれば、欠席しても法的に問題はありません。研修というのは、「勤務」していることを指します。したがって、企業が内定者に強制することはできないのです。入社前の研修を欠席しても懲罰は与えられませんし、内定取り消しなどはできないことになっています。

欠席によって評価を悪くするのは法的に認められない

89f15b6b3edc6e61

とはいえ、やはり「欠席すると評価に響くのでは」という考えも出てきますよね。もちろん、欠席した人よりも参加した人の方が印象に残りますし、入社してから仕事の進み具合などにも影響が出るはずです。しかし、入社前の研修を欠席したからといって評価を下げるのは、法的に認められていません。

義務ではないが参加した方が無難

いずれにせよ、研修は勤務していることになるわけですから、日当が支給されるはずです。その上、事前に仕事内容や社会人としてのマナーなどが学べるわけですから、「仕事の一部だ」と考えて参加してもよいかもしれませんね。

新入社員研修での欠席報告のコツ:用件は手短に

まずは新入社員研修での欠席報告の基本中の基本です。新入社員がやってしまいがちな研修の欠席報告での凡ミス報告は「長々と言い訳をしてしまう」ことでしょう。研修の欠席報告で言い訳をしないまでも、的を得ていない欠席理由ばかりを話してしまう新入社員は多いのです。

文章でまとめて「何を言いたいのか」はっきりさせる

ビジネスのどのシーンにおいても”要点まとめて手短に”というのは基盤となるスキルなので、しっかり覚えておきましょう。研修の欠席報告をする際には、メールや文章でまとめるなど、「何を言いたいのか」をはっきりさせるのはとても大切です。

長々と曖昧な内容の連絡をされるのは不快

電話で研修の欠席報告をする際に相手を不快にさせてしまう事の1つとして挙げられるのが、用件の内容が長過ぎることです。メールや文章の場合も同様に、長すぎる内容だと相手を不快にさせてしまうため、注意が必要といえます。

新入社員になる前の研修は義務ではないが欠席しない方がいい

いかがでしたか?内定後におこなわれる研修へは、参加しても欠席しても法的に問題はないのです。入社前研修は、強制にすることはできないため、欠席による不当な評価を受けることもありません。とはいえ、入社前に社会人としてもマナーや仕事の内容などが学べる機会ですから、よほどの理由がなければ参加した方がよいでしょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. DYM就職:第二新卒・既卒・フリーター・ニートの就職に強い

    サービス満足度90%!優良取扱企業2500社、エージェントが就職できるまで二人三脚!今からでも正社員としての就活が間に合います。

  3. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

2016年12月21日ビジネス

Posted by BiZPARK