時間の管理ができない人とできる人の違い

時間管理

時間の管理ができない人の特徴

Time 371226 640

はじめに、時間の管理ができない人の特徴について見ていきます。時間の管理ができない人は、仕事にも支障をきたす可能性があります。

時間の管理ができない人は、是非参考にしてみてください。

時間の管理ができない人は段取りが苦手

時間の管理ができない人は、必ず「これ、大至急でお願いします」という言い方をします。仕事を頼まれてから納品するまでの段取りができない人がほとんどです。

また、スケジュール管理も苦手で、納期間近で慌てていつも緊急対応になってしまうのです。

時間の管理ができない人はすぐに焦ってしまう

時間管理ができない人は、急な仕事が入るとすぐに焦り、その時の感情で優先順位が変わってしまいます。臨機応変に対応することができないのです。時間の管理ができない人は頭の整理が遅く、判断力にかけるので、後から自分で後悔をしてしまいがちです。

常に余裕がない人は、時間の管理ができない人だといえます。

時間の管理ができない人は時間を守れない

時間の管理ができない人は、余裕がありません。いつも全力で仕事していたら、不測の事態に対処することができません。

余裕の時間を見据えて行動することができないので、いつもギリギリだったり、商談などの時間厳守の仕事に遅刻してしまうのです。

時間の管理ができる人の特徴

時間の管理ができない人の特徴について、述べてきましたがおわかりいただけましたでしょうか?

次に、時間の管理ができる人の特徴について説明したいと思います。

時間の管理ができる人は仕事を先読みする

時間の管理できる人は、前倒しで作業を進めます。また、仕事を先読みすることで、納期に余裕をもって作業に取りかかります。その結果、時間の管理や仕事の管理ができ、2つ以上の仕事を同時並行で納期に間に合うよう処理することができるのです。

時間の管理ができる人は物事に優先順位をつけている

時間の管理ができる人は、優先順位をつけて、頭の整理をしてから、仕事にとりかかります。そして、時間の管理ができる人は、スケジュールにタスクを手書きする習慣があります。1ヵ月、1週間、1日で順番に各タスクを落とし込んでいき、振り返りを1週間単位で行います。

また、やるべきことは、その場で書き出し、スケジュールにしっかり落とし込み、管理をします。これで、常に自分のスケジュール管理ができているといえます。

時間の管理ができる人は時間を守る

Farmland 601282 640

時間の管理ができる人は、時間を守ります。待ち合わせの時間と締め切りの時間、両方に言えます。時間を守るということは、段取りをしっかり行っており、余裕を持って行動をしているのです。

時間の管理ができない人とできる人は納期意識・頭の整理・時間を守るかで変わる

時間の管理ができない人できる人の違いについて見てきましたが、いかがでしたでしょうか。

時間の管理ができない人は、常に余裕がないことがわかります。時間に余裕を持つ、仕事に余裕を持つだけで時間の管理、スケジュール管理ができるようになりますよ。

この機会に、自身の時間の管理について、きちんとできているのかを見直してみてください。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日ビジネス