早期退職優遇制度とは?会社側と社員側それぞれのメリット

早期退職

早期退職優遇制度とは?

Businessman 481113 640

早期退職優遇制度とは、会社側が定めた年齢や勤続年数などの条件をクリアした社員のみが利用できる制度です。

早期退職優遇制度は会社が高額な退職金を社員に提示して、社員が自ら退社を決意してくれるように促します。会社の経営の良し悪しに関係なく、社員の年代別のバランスを整えるという目的で行われます。

社員にとってはキャリアチェンジの良いきっかけになる場

早期退職優遇制度は「早めに退社して、パン屋を開店するという夢を叶えたい」「念願の田舎暮らしを実現して、ゆっくり過ごしたい」などと、定年を待たずして退社を決めていた人にとっては、とても都合の良い制度だと思います。

下記では、会社側と社員側が早期退職優遇制度によってどのようなメリット・デメリットをこうむるかについて紹介します。

会社側は早期退職優遇制度で人事を整理できるというメリットがある

早期退職優遇制度を定期的に実施している会社には、どのようなメリットがあるのでしょうか?

おそらく最大のメリットは、会社内の人事を整理出来ることです。管理職の多い50代の人員を削減できるかもしれません。会社がリストラを敢行する場合は、する側にもされる側にも精神的に大きな負担がかかりますので、このような制度はとても有効でしょう。

社員側のメリットは早期退職優遇制度で退職金が上乗せされる

何らかの理由で、定年前に会社を退職することを前もって決意していた場合、早期退職優遇制度はとてもメリットがあります。

なぜなら、普通に辞めるよりも退職金が上乗せになり支給されるからです。大会社であればあるほど特別加算金の額は大きくなり、給与の半年~1年分上乗せになる場合もありますよ。

会社側のデメリットは早期退職優遇制度で社員のモチベーションが下がる点

早期退職優遇制度を定期的に実施している会社の最大のデメリットは、社員のモチベーションの低下です。

定期的に行われるものだと分かっていても「うちの会社、経営がやばいのではないか」「あの人が辞めたら、俺にしわ寄せがきそうだ」と心がぐらついてしまう可能性があるでしょう。

早期退職優遇制度を受ける社員のデメリットはお金のやりくりが難しい点

退職金を手にすれば、一時的に裕福な気持ちになりますが、実際に会社で早期退職優遇制度を利用した人の中には、退社後のお金のやりくりに非常に苦労したという感想もあります。

また早期退職優遇制度を利用して会社に再就職する予定だったけど、なかなか見つからなかったという人もいますので、お金のやりくりに苦労するという点ではデメリットかもしれませんね。

早期退職優遇制度で会社側は人員整理ができ社員側は退職金が上乗せされるメリットが!

以上、早期退職優遇制度による会社と社員のメリット・デメリットをご紹介しました。参考にして頂き、自分なりの正しい選択をしていけると良いですね。

会社がリストラを敢行する場合は、する側にもされる側にも精神的に大きな負担がかかりますので、会社側・社員側どちらにもメリットがある早期退職優遇制度はとても有効的でしょう。ただし、早期退社によるデメリットも少なからずある点は知っておきましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年12月7日転職