格差社会が生まれた原因となる問題点3つと改善策

2017年12月1日格差社会

社会問題になっている「格差社会」とは

Icons 391416 640

格差社会は以前から取り上げられている問題ではありますが、それでは「格差社会」とは一体どういったことを言うのでしょうか?

格差社会の原因・問題点や改善策を見ていく前に、まずは「格差社会」から見ていきましょう。

富裕層と貧困層の二層化した社会

格差社会とは、主に経済面で使われる言葉です。収入や財産によって富裕層と貧困層に二層化してしまった社会のことを、格差社会と呼びます。

経済格差・所得格差・情報格差などにより、現在では格差社会がどんどん進行してきているといった現状があります。

格差社会の問題点とは

Busi 010

まず格差社会について見ていきました。富裕層と貧困層に二層化された社会というのはどの時代でもある問題点ですが、情報社会となった現在では経済格差・所得格差・情報格差などのように、問題点も増えてきてしまっている現状です。

それでは次に、その問題点をあらい出してみましょう。

格差社会の問題点①所得格差の固定

格差社会で起こる問題点は色々ありますが、まず大きな問題点の一つとして挙げられるのが「非正規社員」や「フリーターの拡大」です。

まず、非正規社員やフリーターというのは、年齢が上がるにつれ正社員への転換が厳しいと言われています。その為、フリーターなどの非正規社員を長年続けていってしまうと、正社員への道が遠のいていってしまうといった原因があります。

フリーターなどの非正規社員は正社員とは異なる為、将来低所得のままになる恐れもあります。

こういった所得格差の固定が、格差社会の大きな原因・問題点の一つといえます。

格差社会の問題点②突然の事故や病気

現役でバリバリ働いていたサラリーマンが、突然の不幸にして、事故や病気で働けなくなる場合もあります。このような状況になれば、所得が減り、保険や国の保障に頼るほかありません。たとえ社会復帰できたとしても、病院に通うことを余儀なくされる場合もあります。

こうなった場合は、生活の保障はもとより、健康だった頃と同様のチャンスが平等に与えられるような支援がないと厳しい状況になってしまいます。

格差社会の問題点③教育

高所得である親の家庭では、教育に対して非常に強い意識があるため、結果として子供も高所得になる傾向があるといった現状があります。例として、医者の息子が医者になるという話があるように、高所得であればその分教育にも力を入れることが出来る為、子供も同様に高所得になりやすいのです。

しかし、普通の家庭で子供を医者にしようと思えば、お金の面で大変な苦労を強いられてしまう場合が多い為、高所得を目指しにくいと言われるのです。

これにより、高所得者と低所得者が固定されかねないといった問題に繋がるのです。

格差社会の問題点における改善策とは?

B986ebfee76b9feb

格差社会の問題点・原因は「所得格差の固定」「セーフティネットの存在」「教育」など、色々あることを見ていきました。

低所得者と高所得者が存在してしまっている現状を改善させる為には、どういったことが重要なのでしょうか。その改善策を見ていきましょう。

社会の問題でも最終判断はその人の価値観

格差社会は問題点が数多くありましたが、これらは社会としての問題・原因ではあっても、最終判断はその人自身の価値観で決まるのです。

高所得になることが幸福の全てではありませんし、フリーターや非正規社員を続けたら不幸になるといったこともありません。病気や事故で元の会社で働けなくなっても、スポーツや絵画など新しい分野での生きがいを探すのもいいでしょう。

自発的にフリーターや非正規社員を選択している方は問題ありませんが、就職したいと考えている方の改善策としては、そういった新しい分野での生きがいを探して資格や勉強に励んだ方が賢明です。

格差社会の問題点は所得格差の固定にあり!意識改革で改善策を!

格差社会の原因・問題点の3つと改善策を見ていきましたが、いかがでしたでしょうか。

必ずしも高所得が幸せとは限りませんし、正社員じゃないからといって皆が不幸せかと言ったらそうでもありません。

格差社会の問題・原因をどう捉えるかは、最終的にはその人の価値観によって変わってきてしまうのです。

改善策としては、「低所得者=絶対的に不幸せに繋がることはない」といった点を頭の中に入れておきましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. DYM就職:第二新卒・既卒・フリーター・ニートの就職に強い

    サービス満足度90%!優良取扱企業2500社、エージェントが就職できるまで二人三脚!今からでも正社員としての就活が間に合います。

  3. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

2017年12月1日ビジネス

Posted by BiZPARK