お願いする時の敬語の使い方とは

2016年12月7日敬語

敬語の使い方①:申し訳なさと謙虚さが大切

Books

敬語でお願いすることほど難しいものありません。使い方さえ覚えれば、その仕事を他の人に委ね、自分は別の本当にしなければならないことに集中出来ます。今回は、お願いする時の敬語の使い方を学びましょう。お願いする時は申し訳ない気持ちと謙虚な言葉を含めた敬語の使い方をしましょう。

「申し訳ございませんが~」から始める

正しい敬語の使い方は、「申し訳ございませんが、~をしていただいてもよろしいでしょうか」になります。もう少し簡単な敬語の使い方は「恐れ入りますが、~をお願いしてもよろしいでしょうか」となります。敬語の使い方により、お願いされる側も気持ち良く仕事出来るのではありませんか。

敬語の使い方②:メールではより丁寧な文面を

仕事をしていくにつれ、メールで何かをお願いしなければならない場面も生じてくるでしょう。しかし、ここで覚えておかなければならないのは、メールでお願いする時の方が、より丁寧な敬語の使い方が必要になる点です。

「ご多忙のところ恐縮ですが~」から始める

敬語でお願いする時は、低姿勢と気遣いを示せているかが鍵となります。正しい使い方はこうです。「ご多忙のところ恐縮ですが、~をしていただいてもよろしいでしょうか」「お忙しいところ恐れ入りますが、~をお願いしてもよろしいでしょうか」このように、忙しい所、申し訳ないですというニュアンスを入れることで、低姿勢と気遣いを含めた敬語の使い方になります。

敬語の使い方③:無理難題は最大の丁寧さが必要

では、お願いを敬語でする使い方の上級編として、無理難題をお願いすることについて考えましょう。本当の意味でお願いしたい時の使い方はいうのは、最も言いにくい内容にあたります。一体どんな敬語の使い方で述べれば良いのでしょうか。鍵となるのは、最大の申し訳なさと謙虚さを敬語の使い方に含めることです。ではどうすれば良いのでしょうか

「誠にご無理なお願いで恐縮なのですが~」から始める

敬語でのお願い、の実例無理難題をお願いする、敬語でのお願い、の実例はどのようなものでしょうか。正しくはこうです。「誠にご無理なお願いで恐縮なのですが、~していただきますようお願い申し上げます」もしくはこうです。「無理なお願いを申し上げ誠に心苦しく感じますが、何卒お力添えいただきたくお願い申し上げます」とにかく丁寧さを心がけましょう。

お願いする時の敬語の使い方は「申し訳なさ」「謙虚さ」を場面と内容で使い分ける

以上より、お願いする時の敬語の使い方についてご紹介しました。敬語でのお願いを何と述べるかで、人の印象は変わります。正しいスキルを普段から身に着け、いざという時にそれを発揮しましょう。必要なのは、申し訳なさ、謙虚さをお願いの言葉で表現出来るです。自分なりの言葉で表現出来るよう、敬語でのお願いのスキルアップを目指しましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. DYM就職:第二新卒・既卒・フリーター・ニートの就職に強い

    サービス満足度90%!優良取扱企業2500社、エージェントが就職できるまで二人三脚!今からでも正社員としての就活が間に合います。

  3. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

2016年12月7日ビジネス

Posted by BiZPARK