ビジネスマン必見のおすすめ議事録自動作成ソフト3つ

2016年12月9日議事録

議事録自動作成ソフト①:NECのVoice grapy

Notebook write

まず最初に紹介する議事録自動作成ソフトは、NECが提供している、ボイスグラフィーというソフトです。この議事録自動作成ソフトは、まず議事録で必要な会議の音声を認識して文字化してくれます。まさしく自動作成ですね。そこから音声データの波形を見ながら発言を細かく修正できるので、議事録を作る上で操作性に優れているというのがこの自動作成サービスの特徴でしょう。

修正が必要になるため注意

議事録自動作成ソフトといってもあくまでも音声認識での自動作成ですので、任せきりにするのでなく修正はかならず必要になります。だからこそ、操作性が優れている点は非常に重要になるでしょう。「あの~」「え~」などの不要語を自動的に削除してくれるという優れた機能もありますし、まずおすすめの議事録自動作成ソフトです。

議事録自動作成ソフト②:グーグルのSpeech recognizer

ブラウザとしてグーグルクロームというブラウザを使っている人も最近多いのではないでしょうか。そんな方の議事録自動作成ソフトでおすすめなのが、グーグルクロームで使えるグーグルアプリ、「Speech recognizer」のサービスです。これはグーグルクロームにインストールするだけですごく簡単に使えるというのが特徴で、自動作成するためのコストもかかりません。そういう面で見ても役にたつ議事録自動作成ソフトと言えるでしょう。

外部マイクで自動作成の精度が上がる

もともとそれなりに音声認識能力に定評のあるアプリではあるのですが、外部マイクを使うとさらに良く聞きとってくれるようになり、より自動作成の精度をあげてくれるでしょう。会議室の形状などにもよりますから、このアプリを一度つかってみて、いまいち聞き取れないようであれば、外部マイクの導入を検討してみると、このアプリの実力をきちんと発揮してくれるようになるでしょう。

議事録自動作成ソフト③:次第に認識率の上がるOtomoji

最後に紹介する議事録自動作成ソフトは、otomojiというサービスです。こちらのオトモジは、特に話し言葉に強いという特徴をもつので、語尾がごにょごにょしてしまうような話言葉も正確に聞きとってくれることでしょう。さらに専門用語や固有名詞などの、一般的な音声認識ソフトではなかなか聞き取りにくい言葉も登録できたりするので、使えば使うほどに認識率があがっていき、より正確に議事録を自動作成してくれるようになるでしょう。

長く使うのであれば議事録作成で便利

Clothes peg 550875 960 720

自動と操作をうまくおりまぜてレベルをあげていくことができるので、長く使うのであれば、おすすめできるサービスです。編集サービスも難しくなく、編集自体もすごく簡単に行えますし、議事録作成において強力な味方になってくれることは間違いないでしょう。

議事録自動作成ソフトは「Voice grapy」「Speech recognizer」「Otomoji」がおすすめ!

ビジネスマン必見のおすすめ議事録自動作成ソフト3つをご紹介しました。議事録自動作成ソフトと言うのは、上手く使えば間違いなく大幅な時間短縮になります。もしいつも議事録作成に時間がすごくかかってしまうというのであれば、この機会に導入を検討してみてはいかがでしょうか。今回紹介した、おすすめの議事録自動作成ソフトを参考にしてみてください。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. DYM就職:第二新卒・既卒・フリーター・ニートの就職に強い

    サービス満足度90%!優良取扱企業2500社、エージェントが就職できるまで二人三脚!今からでも正社員としての就活が間に合います。

  3. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

2016年12月9日ビジネス

Posted by BiZPARK