定年のない会社のメリットと退職時のデメリット

2016年11月29日デメリット, メリット

定年制は勤労意欲次第でメリット・デメリットどちらにもなる

Colleagues 437018 1280

基本的に多くの企業では定年制を導入しており、企業が決めた年齢である60歳や65歳で会社を定年退職することが決められています。この定年制という制度はこれ以上働きたくないという人にとっては非常に助けになる制度ですが、逆にまだまだ現役で働きたいという人にとっては再就職先を見つける必要があるため、とても面倒な制度だともいえます。特に60歳という年齢の場合、再就職先を見つけることは非常に難しいですし、企業の再雇用制度を利用するという手段もありますがその場合には給与水準が大きく減らされるというデメリットもあるわけです。

定年のない会社では希望すればいつまでも働くことが可能

しかし定年のない会社の場合、もともと定年という概念が無いため自分が希望する限りその会社で勤務を継続することが可能になります。そのため定年のない会社に勤務していれば、仕事が出来る状態である限り何歳になっても現役の会社員として働き続けることが可能となるわけです。

定年のない会社は退職時に大きな問題が生じることがある

定年のない会社に勤務することは、再就職のことや再雇用のことを一切考える必要が無いため、一見労働者にとっては非常にメリットのある会社だといえます。しかし定年のない会社に勤務するということは、その会社を退職する場合に大きな問題が浮上することがあります。それは定年のない会社ならではの問題で、社員が辞めたくないと言えばいつまででも居座り続けることが可能となるため、若い社員のモチベーションに影響を及ぼしたり、会社の経費をどんどん圧迫することになってしまいます。

定年のない会社は退職時に話し合いが必要不可欠

仮にその社員を退職させるために解雇を通告した場合には、大きなトラブルに発展することも考えられます。そのため定年のない会社の場合は、退職する際に必ず企業と労働者の話し合いが必要不可欠になります。労働者側も自己都合で退職すれば失業給付の問題が出てきますし、かといって解雇となると企業ともめることも考えられますので、定年のない会社の問題点は非常に深いといえるでしょう。

定年のない会社は退職時まで問題が表面化しにくい

定年のない会社の問題点は、労働者が退職する時までその問題が分からないということも大きな問題点だといえます。そのため定年のない会社に勤務している場合、自分にも少なからずそういった問題が出てくるということを考えながら働く必要があります。定年が無いと聞くと素晴らしい会社だといわれるかも知れませんが、定年のある会社と同じように定年のない会社にもメリットとデメリットがあるということを必ず自分自身で把握しておかなければいけないといえます。

会社に残るか退職するかを自分自身で選択しなければならない

特に自分自身が働けない状態になった場合に、自分自身でそれでも居座るのかそれとも自分で退職を選ぶのかという選択を必ず迫られることになります。定年があれば必ず会社都合で定年退職となりますが、定年のない会社の場合はそれを選択できませんので非常に難しい選択を迫られることになることは肝に銘じておく必要があるでしょう。

定年のない会社では働く間はメリットが多いが退職時に大きなデメリットが生じる

定年のない会社では金銭面以外にも多数生じるメリットとデメリットを考えたうえで退職のタイミングを自分自身で決めなければなりません。近年では定年制を撤廃する企業も増えてきていますが、良いことばかりではないということを頭に入れておきましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. DYM就職:第二新卒・既卒・フリーター・ニートの就職に強い

    サービス満足度90%!優良取扱企業2500社、エージェントが就職できるまで二人三脚!今からでも正社員としての就活が間に合います。

  3. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

2016年11月29日転職

Posted by BiZPARK