飲み会を楽しく盛り上げるおすすめ罰ゲーム3選

2016年11月29日飲み会

飲み会でおすすめの罰ゲーム①:モノマネ

210 1

モノマネは誰でもできる定番の罰ゲームです。似ている似ていないに関わらず盛り上がれるので、手軽にできるという点も魅力の罰ゲームです。

似ていても似ていなくても盛り上がる罰ゲーム

モノマネは誰でも簡単に出来ますし、たとえ似ていなくても、お酒が入っている席では、それが逆に面白かったりもするので盛り上がるでしょう。

いつもは怖い上司が、モノマネをしている姿を見て、距離が縮まったりする効果もあります。時間もとりませんし、飲み会の席での罰ゲームとしてはすごく効果的でオススメです。

頑なに断る人が出てくると空気が変になることに注意

ただし、モノマネは飲み会の空気を読まずに、かたくなにやらない方が出てくる可能性もあるので、代わりにやってくれる芸達者な人がいないと変な空気になるリスクもあります。

もしそういう方がいれば、リスクにもきちんと対処することができるでしょう。対応しやすいため、罰ゲームにモノマネはすごくおすすめです。

飲み会でおすすめの罰ゲーム②:人生で言った一番恥ずかしいセリフ

220 1

誰もが過去に言った事のある最も恥ずかしいセリフをみんなの前で披露します。普段のイメージからは想像もつかないセリフが聞けることもあり、会社とはまた違った一面が見れて盛り上がります。

プライベートが垣間見れる罰ゲームがおすすめ

プライベートが垣間見えると、社員同士の距離感は一気に縮まり、その飲み会にきて良かったなぁと思うようになります。会社の飲み会の罰ゲームでおすすめなのが、プライベートが垣間見れるような罰ゲームです。

さらに、そこに恥ずかしさというポイントが乗ってくるとますます距離感が埋まります。その点を踏まえておすすめなのが、人生で言った一番恥ずかしいセリフを披露するという罰ゲームです。

意外なキャラの発見が場を盛り上げる

誰でも人生で何らかの恥ずかしいセリフは言っているものですし、意外なキャラの発見があったりして、間違いなくどんな飲み会でも盛り上がるはずです。

誰かを傷つけることはないですし、この罰ゲームを機に人間関係が良くなるなら、そんなに素敵な罰ゲームはありませんよね。

飲み会でおすすめの罰ゲーム③:その場にいる人を一人ずつ褒める

飲み会の場にいる人を一人ずつ褒めていきます。面と向かって褒めることで多少の気恥ずかしさはありますが、褒められた人は嬉しく感じられ人間関係が良くなる罰ゲームです。

嬉しさを感じさせる罰ゲームで、人間関係が良くなる

Graduation 879941 640

その場にいる人を一人ずつ褒めていくという罰ゲームならば、ちょっとの気恥ずかしさと大きな嬉しさがその後に残り、間違いなくその罰ゲームを通じて人間関係が良くなります。

誰も傷つくことなく、誰もが気持ちよくなれるというこの罰ゲームはすごくおすすめできます。人間関係が良くなって、盛り上がる一石二鳥の罰ゲームと言えるでしょう。

飲み会の時間と照らし合わせて考える

距離が縮まるような罰ゲームでないと、会社の飲み会の場所にはふさわしくないことがあります。ただ、一人ずつ褒めていかないとならないので、ある程度の時間がかかることが予想されます。

ある程度時間に余裕がある飲み会でしかできないでしょう。反対に時間がある飲み会であれば、飲み会の無駄な時間もいい具合につぶれます。自分たちの飲み会の時間と、照らし合わせ考えてみてください。

飲み会の罰ゲームでは「モノマネ」「恥ずかしいセリフ」「褒める」の3つがオススメ

以上、会社の飲み会で設定するのにおすすめの罰ゲームのご紹介でした。飲み会ではこうした距離が縮まるような罰ゲームを設定するのがおすすめです。

ここで紹介してきたような距離が縮まる、誰も不幸にならない罰ゲームがおすすめですので、是非これらの中から何か設定してみて下さい。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. DYM就職:第二新卒・既卒・フリーター・ニートの就職に強い

    サービス満足度90%!優良取扱企業2500社、エージェントが就職できるまで二人三脚!今からでも正社員としての就活が間に合います。

  3. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

2016年11月29日ビジネス

Posted by BiZPARK